デザインでテクスチャを効果的に使う5つの実用的なテクニック

面白くて、クリエイティブな方法でテクスチャを利用する5つのテクニックを紹介します。

サイトのキャプチャ

5 Awesome Techniques for Using Textures in Your Designs

下記は各ポイントを意訳したものです。

背景としてのテクスチャ

テクスチャを効果的に使うポイントの一つは、繊細です。テクスチャを使用する際は基本的には、コンテンツから気を散らさないようにします。

例をみてみましょう。ここにシンプルなアートワークがあります。

サイトのキャプチャ

このアートワークにテクスチャを加えてみます。

サイトのキャプチャ

このテクスチャは釣り合いがとれていません。コンテンツから気を散らせ、カラーもマッチしていません。

このアートワークにマッチするようにテクスチャを変更します。
テクスチャのサイズを縮小し、カラーを調整し、微妙なグラデーションを適用しました。

サイトのキャプチャ

背景としてのテクスチャを使用するときは、繊細であることを忘れないようにしてください。

オーバーレイとしてのテクスチャ

テクスチャをイメージやアートワークをヴィンテージ風にするためにオーバーレイとして使用することもできます。
下記の写真に適用してみます。

サイトのキャプチャ

使用するテクスチャは、コンクリートのテクスチャです。

サイトのキャプチャ

Concrete Texture Pack

テクスチャのレイヤーモードを変更してみます。

サイトのキャプチャ
サイトのキャプチャ
サイトのキャプチャ

モードを変えることで、簡単に異なるエフェクトを達成することができます。テクスチャをオーバーレイで使用することで、素晴らしい見た目を与えることができます。

モックアップのためのテクスチャ

テクスチャはロゴやTシャツなどのアートワークを魅せるために使用することもできます。
モックアップがカンバス地にプリントしたようなエフェクトを与えてみます。

サイトのキャプチャ

テクスチャには生地のものを使用します。

サイトのキャプチャ

Book Cover Patterns Collections

テクスチャをアートワークと組み合わせ、ユーザーにプリントのように見えるアイデアを与えます。

サイトのキャプチャ

イラストのためのテクスチャ

ベクトルなイラストは常にきれいで鋭く、それらが魅力の一部でもあります。しかし、テクスチャを加えることで印刷された感じや、ヴィンテージ風にすることもできます。

サイトのキャプチャ

テクスチャにはノイズを使います。

サイトのキャプチャ

Noise Effect Texture Pack

イラストの上にテクスチャのレイヤーを配置し、描画モードを変更します。

サイトのキャプチャ

テクスチャをテキストに当てはめる

テクスチャはテキストの外観を変えることもできます。

サイトのキャプチャ

テキストの上にレイヤーを作成し、テクスチャを配置します。

サイトのキャプチャ

[Alt]キーを押しながらクリックし、テキストの上にマスクを作成します。

サイトのキャプチャ

テクスチャの彩度を調整し、テキストにすり切れた外観をあたえるようレベル補正をします。

サイトのキャプチャ

テキストにテクスチャを当てはめる時には、テキストが読めなくならないように注意してください。

top of page

©2017 coliss