面接はスキル!転職時の面接でよく聞かれる23の質問とその対処方法

僕は転職した際の面接を受けたことも、また逆に面接担当者をしていたこともあるのですが、どちら側にしてもこの記事を読んでおけばまた違ったアプローチができたのかな、と思うのでちょっとがんばって訳してみました。

サイトのキャプチャ

How to Answer 23 of the Most Common Interview Questions

下記は各ポイントを意訳したものです。

「面接が好き」という人はいないでしょう。面接ではできる限り行儀よく振る舞わなければなりません、しかも面接受けることができるチャンスはその一回だけです。
私はこの数年間に数多くの面接を行いました。週にだいたい15~20回くらいでしょうか。ここにその面接で尋ねられる可能性の高い質問と私が実際にきいた答え、そして対処方法を紹介します。

面接はスキルである、ということを忘れないでください。
しっかりと準備をし、あなたは毎回エースを勝ち取ってください。

Q1. あなた自身について教えてください

もし面接でこの質問がでなかったら、それはむしろ驚きです。これは面接担当者において、最もされた質問と言ってもよいでしょう。
この質問で気をつけたいのは、あなたの伝記をそのまま言うことです。生い立ちから現在までのすべてを説明する必要はありません。あなたのキャリアや生活の状況について適切な事実を交えて説明します。

Q2. 現在の仕事をなぜ見つけましたか?(前の仕事を辞めましたか?)

この質問は一見簡単なように思うかもしれませんが、失敗してしまうこともあります。
あなたはきっと人として従業員として成長するためにキャリアアップを望んでいるので、新しい仕事(あるいはどんな仕事でも)探しているでしょう。ここでお金について言及することは良いアイデアではありません。単に金目当てに聞こえてしまいます。
もし、あなたが不運な状況であるなら、その時は可能な限り短くまとめます。例えば解雇されたのであれば、もっともな説明が必要になります。しかしもう一度、ポジティブになってください!

Q3. 会社について何か知っていることを教えてください

あなたがどんな面接に行く前でも、これは準備しておいてください。会社の重要な役職あるいは入社したばかりでも、あなたは会社のビジネスについて知っておくべきです。
会社は今までにニュースになったことはありますか? あなたが気になるのは会社の誰ですか? 必ず下調べを行い、会社と仕事に興味を持ってください。

Q4. あなたはなぜこの会社で働くことを望みますか?

これは最後の質問と関係があります。結局のところ、あなたはここで働くことを望んでおり、あなたは面接にいます。あなたが自分の面接をして、キャリアゴールについて言及し、前向きなゴールとキャリア計画を強調する前に、いずれかの考えをこの答えとしてください。

Q5. あなたはどんなことを経験してきましたか?

もしあなたが希望するポジションがあるのであれば、それに関連する実績やそのすべてについて語る必要があります。しかし、キャリアを替えたり、少し違うものにトライするのであれば、あなたの経験はそれらに関連しているように見えないかもしれません。
スキルとは結局のところ、ただのスキルです。大切なのは、顧客サービスのスキルがどのように内部の管理職などに活かすことができるかを示す必要があります。

Q6. もし前の同僚がここにいたら、あなたについて何を言うでしょうか?

これは秘密を暴露するものではありません。もしあなた前の同僚が、悪口を言おうとしているのなら、それを持ち出す必要はありません。常にポジティブで、引用するようなイメージを思い描いてください。
「私が働き者であった、と彼は言うでしょう」とか、「今まで会った人の中で最も信頼ができ、クリエイティブに問題を解決する人だった、と彼は言うでしょう」など。

Q7. あなたは経験を豊かにするために何かしましたか?

これは趣味でもスポーツでも何でも含むことができます。また関連していることがあれば、更に語る価値があります。教育に関係していることであれば、さらに素晴らしいです。時間管理のマネジメントやモチベーション、自給自足などのスキルを身につけるために、DIYに時間を使っているでもいいでしょう。

Q8. あなたは他にも応募しましたか?

これは、あなたが他にも需要があることをほのめかす良い方法です。この質問には正直に、他の会社について話してください、ただし詳しく語る必要はありません。重大なことはインタビュアーが言おうとしているものです。

Q9. あなたはプレッシャーをかけられて働くのはどうですか?

この質問に対する答えは、あくまでもポジティブであるべきです。あなたはプレッシャーをかけられても問題ないし、むしろプレッシャーをかけられて働くことをより好むかもしれません。
もしプレッシャーに弱いというのであれば、それは少なくともプラスにはならないでしょう。

Q10. 良い仕事をするモチベーションは何ですか?

それがもしお金であるとしても、この質問に対する答えではありません。生活の質の向上がやる気の原動力になっているべきです。
あなたは良い仕事に対して、正当な評価を欲します。そして、より良い仕事に取り組むことを望みます。他の人を助けたり、プロジェクトのリーダーになることを望みます。

Q11. あなたの一番の強みは何ですか?

これはあなたが輝くチャンスです。これはあなたがなぜ素晴らしい従業員であるか説明することを求められています。あなたはプレッシャーの元に成長し、大きなモチベーションとなり、驚くべき問題解決をし、細部に対して桁外れの注意力をもつ人になり得ます。もしあなたの最も素晴らしい力が隠されていたり、TVゲームに熱中することに使われているなら、そのことはあなた自身の秘密としておいてください。面接担当者は仕事関連での強みを探しています。

Q12. あなたの一番の弱点は何ですか?

もしあなたが正直者であるなら、自分のお尻を自身で蹴っているかもしれません。「弱点は一つもありません」と言うなら、それは明らかに嘘をついています。
ある政治家が答えた例は「仕事にあまりにも忠実であったため、私は家族との一緒の時間を十分に過ごせませんでした」、また別の答えとしては「私は仕事があまりにも得意で、しばしば他の人から嫉妬されます」、、、どうか地に足をしっかりつけましょう。
もしあなたがこの質問をされたなら、向上させるためにハードに働いた時の仕事関連のささいな弱点を与えてください。例えば、「私は時々ディテールに集中しすぎて、大きな画像でのミスをすると言われました。私は全体の進捗を把握するために、毎日全プロジェクトの計画を立てるために時間を費やしていました。」

Q13. 給料について、あなたは何を求めていますか?

これは面接において、用心しなければならない質問の一つです。例えあなたが給料の範囲を知っていても、最初にあなたが答えてしまうとあなたの手の内を全て見せてしまうことになります。あなたはできるだけ多くの給料を欲するでしょう、雇用側は同じようにできるだけ少なくなるのを欲します。具体的な額を提示する前に、給料以外の利益が必要ないか考えてみてください。福利厚生・有給休暇・健康診断などです。また、独自の特典やプログラムを提供している会社もあるので、事前に確認をしておいてください。
けれども、あなたは具体的な数字を頭に描き、それを手に入れることができると確信しているのであれば、それを目指してくださいと言うでしょう。

Q14. あなたはチームで働くことが上手ですか?

あなたがよほど孤独が好きな人でない限り、この質問には「はい」と答えるでしょう。それは唯一といってよい答えです。もし孤立主義者であるなら、どのように組織の中で役割を果たすことができるでしょうか?
あなたがチームの中でどのような役割を好むか分かりませんが、リーダーであることを説明する大きなチャンスでもあります。

Q15. あなたの提案が採用され、実現した例を話してください

この質問のポイントは「実現した」です。1,000の素晴らしいアイデアを持つことは悪いことではありませんが、採用されよい結末で終わることを必要とします。
もしあなたの提案を前の会社が受け入れて、そして倒産することになったのであれば、それは素晴らしい例ではありません。アイデアから実行にうつり、そして成功した、と思われるあなたのアイデアについて語る準備をしておいてください。

Q16. 一緒に働いた人々について、今までにあなたをイライラさせたことはありますか?

もちろん、これについてあなたは長いリストを持っていることでしょう。しかし、それはあなたがネガティブで、働くことが難しいことを示す、と言うことしかできません。
これに答える最も良い方法は、しばらくの時間考えて、そして次に「私は常に同僚と素晴らしい時間を過ごしてきました」というようなことを言うことです。

Q17. あなたは一緒に働くことができなかった人がいますか?

いいえ、です。あなたが犯罪者や卑劣な人について話をしていないのであれば、あなたは誰と共にでも働くことができます。選り好みをして、難しい顔をする必要はありません。

Q18. 前の上司と問題になったことがありますか?

もしあなたがこの質問が原因で不採用になるのであれば、あなたは雇われるべきではありません。面接担当者はあなたが前の上司についてどのように話すかテストをしています。
この質問には、過剰な気配りは必要ありません。要するに、あなたは前の上司と一度も問題を持ったことがない、と答えればよいのです。

Q19. 金銭的と仕事上の充実感はどちらが良いですか?

この質問は非常に公正なものではないですか? わたし達はみんな好きな仕事をして、給料が支払われるのが好きですが、それは本当にまれなことです。お金が重要であると言いますが、何も仕事より重要ではないことを忘れないでいるのは素晴らしいことです。そうでなければ、あなたはより給料を多く支払ってくれる誰かを探すだけでしょう。

Q20. あなたは好まれるのと恐れられるのとどちらが良いですか?

私が実際に答えたのは、「私は分かりません」でした。この答えは非常にうまくいきましたが、この時は新入社員としてのものでした。その後、私はこの質問の本当の答えが分かりました。「どちらでもありません、私はむしろ尊敬されたい」です。
恐れはチームのモチベーションをあげる方法ではないので、あなたは望まないでしょう。また、あなたがみんなの友達であるなら、厳しい決断や期限を設けることが難しくなるでしょう。しかし、あなたが尊敬されているのであれば、仕事をするための素晴らしい時間を得ることができます。

Q21. 会社の利害関係をあなた自身より優先することができますか?

ここで、またもう一つの不快な質問です。
あなたが「はい」と言うなら、あなたは家族のことを気にかけない企業戦士です。「いいえ」と言うなら、あなたは会社に誠実ではありません。
この質問は残念なことに、「はい」と言わなければならないでしょう。なぜならこの面接の時点ではあなたは良い従業員になろうとしているからです。完璧な従業員は子供の試合のために会社を早退したりしません。

Q22. 私がなぜあなたを雇うべきであるか説明してください

「私はスゴイから」「私は仕事を本当に必要としているから」は、ここでは良い答えではありません。この質問は雇用者にとって、あなたの才能がどこにマッチするのかリストを与える時間です。ここで将来性を含めて思いつくまま答えてはいけません。あなた自身にフォーカスし、他の人々の欠点ではなく、自分の才能をアピールします。

Q23. 最後に、あなたは私に何か質問がありますか?

面談でよくある普通の最後の質問です。これは直接あなたが会社を調べたことに関連していて、あなたがどれだけ熱心で、そして用意ができているかを示すチャンスです。
一般的に良い質問は、「私はいつから仕事を始めることができますか?」です。または、どんな仕事をするか尋ねてもよいでしょう。特にあなたが希望している職種、そしてそれがどのように会社に影響を与えているか、など。
質問は常に用意ができているようにしてください、無表情で固まってしまうのは面談をつまらない形で終えることになります。よい仕事が見つかるよう、幸運を祈ってます!

top of page

©2016 coliss