ハートや動物など、スマホのかわいい絵文字をパソコンやブログでも表示できるようにする -Emoji One

ハート、動物、スマイル、食べ物、飲み物、スポーツ、シンボル、うんち君など、スマホのかわいい絵文字をWindowsやOS Xのパソコンでもカラーでかわいく表示できるようにする完全無料のサービスを紹介します。

パソコンで見る時に絵文字にでき、また自分のブログを絵文字対応にもできます。

サイトのキャプチャ

Emoji One
Emoji One -GitHub

Emoji Oneを使うと絵文字をWindowsでも表示できる

スマホでかわいい絵文字がWindowsだと白黒で、OS Xだとちょっとシンプルで、がっかりしていた人は、Emoji Oneを使うとカラーのかわいい絵文字で表示されます。

まずは、Windowsのビフォーアフター。

サイトのキャプチャ

Windowsのビフォー: 白黒でがっかりです。

サイトのキャプチャ

Windowsのアフター: かわいい絵文字が表示されます。

OS Xはカラーで表示されますが、さらにかわいい絵文字で表示できます。

サイトのキャプチャ

OS Xのビフォー: シンプルな絵文字です。

サイトのキャプチャ

OS Xのアフター: かわいい絵文字が表示されます。

Emoji Oneの対応絵文字

絵文字は、68種類のスマイルをはじめ、トータル624種類(2016年7月現在)に対応しています。
これからもどんどん増えていくそうです。

スマイルや人物の絵文字

Emoji Oneの絵文字: スマイルや人物

動物や自然の絵文字

Emoji Oneの絵文字: 動物や自然

食べ物や飲み物の絵文字

Emoji Oneの絵文字: 食べ物や飲み物

アクティビティの絵文字

Emoji Oneの絵文字: アクティビティ

旅行や場所の絵文字

Emoji Oneの絵文字: 旅行や場所

オブジェクトの絵文字

Emoji Oneの絵文字: オブジェクト

シンボルの絵文字

Emoji Oneの絵文字: シンボル

国旗の絵文字

Emoji Oneの絵文字: 国旗

Emoji Oneの使い方

Emoji Oneは、2通りの使い方があります。

  1. 自分用: 自分が見る時に絵文字対応にする
  2. 他人用: 自分のブログやWebサイトなどを絵文字対応にする

自分が見る時に絵文字対応にする

Windows, OS X, Linuxのデスクトップ環境で見る時に絵文字対応にします。
※対応ブラウザ: Chrome

下記ページから、Chrome用の機能拡張をインストールします。

使い方は、動画をご覧ください。

自分のブログやWebサイトなどを絵文字対応にする

JavaScriptとCSSの外部ファイルをページに埋め込みます。

絵文字対応にさせるページをエディタで開き、head内に下記のコードを記述します。
※分からない時は、</head>を探して、そのすぐ上にコピペしてください。

top of page

©2017 coliss