こんなにも違う!同じ被写体なのに、アマチュアとプロのカメラマンでどのように違って写真が撮影されるのか

何気ない日常の中でも、別の視点から見ることで、印象が変わります。

同じ被写体をアマチュアとプロのカメラマンで、どのように違って見えて、写真が撮影されるのか、印象的な写真を撮る秘訣を紹介します。

アマチュアとプロはこんなに違う写真

Phillip Haumesser Photography
Amateur Vs. Pro

下記は各ポイントを意訳したものです。
※当ブログでの翻訳記事は、作者様にライセンスを得て翻訳しています。

約2年前、私は周りの美しさに気づかずに、多くの人と同じように日常の生活を過ごしていました。そんなある日、カメラを手に取り、子ども達の写真を撮り始めると、まったく新しい世界が見え始めたのです。それが見えた途端に、見逃すことができなくなりました。

被写体に光がどのように影響を与えるのかが分かり、同じ被写体でも別の視点から見ることで、全体の印象が変わることに気がつきました。
世界は美しさにあふれ、色鮮やかに伝えようとしているように感じます。映画のようなワンシーンが、私たちの周りにたくさん存在しています。

カメラマンになった後、このクレイジーで忙しい世界からスローダウンし、まさに私の目の前にある素晴らしい作品に感謝し始めました。これは私の人生を変える経験でした!

誰もがこの同じ経験を得ることを望みます。そのために私は無料の写真撮影を学べるコースを用意しました。安いカメラと安いレンズでも印象的な写真は撮影できます。もしカメラを持っていなくても、スマホで十分です。
他の写真を見たり、無料の写真撮影を学べるコースをチェックしたい時は、Phillip Haumesser Photographyを見てみてください。

アマチュアとプロはこんなに違う写真
アマチュアとプロはこんなに違う写真
アマチュアとプロはこんなに違う写真
アマチュアとプロはこんなに違う写真
アマチュアとプロはこんなに違う写真
アマチュアとプロはこんなに違う写真
アマチュアとプロはこんなに違う写真
アマチュアとプロはこんなに違う写真
アマチュアとプロはこんなに違う写真
アマチュアとプロはこんなに違う写真

写真の掲載にあたり、Phillip Haumesser氏の許諾を得ています。

top of page

©2017 coliss