ゴールド・シルバー・アルミ・チタンなど、金属の素材の違いによって質感を塗り分ける描き方 -Material Studies

さまざまな金属、金、銀、銅、鉄、鉛、アルミ、チタンなどの質感の描き方をスタディした「Material Studies」のメタル編を紹介します。

メタルの質感

Material Studies: Metals

以下の画像はクリックすると、拡大画像が表示されます。

メタルの質感を描くためのワークフロー

メタルの質感を描くためのワークフロー

  1. ベースの影をつける。
  2. ベースの値を整える。
  3. 屈折率と反射率を調整。
  4. ディテールを加える。
  5. 表面のクオリティを仕上げる。
アルミニウムの質感

アルミニウムの質感

ブロンズの質感

ブロンズ(青銅)の質感

クロムの質感

クロムの質感

カッパーの質感

カッパー(銅)の質感

ゴールドの質感

ゴールド(金)の質感

アイアンの質感

アイアン(鉄)の質感

リードの質感

リード(鉛)の質感

一般的な金属の質感

一般的な金属の質感

ラストの質感

ラスト(錆)の質感

シルバーの質感

シルバー(銀)の質感

スチールの質感

スチール(鋼鉄)の質感

チタニウムの質感

チタニウム(チタン)の質感

top of page

©2017 coliss