Photoshop CC2015を使いこなす定番テクニックから、あまり知られていない便利なテクニックまでのまとめ

Photoshop初心者も、普段使ってる人も知らないともったいないPhotoshop CC2015を使いこなす便利なテクニックを紹介します。

この記事を書くにあたって、WinとOS XのPhotoshop CC2015でそのテクニックを確認したのですが、けっこう知らないこともあり、かなり参考になりました!
最後にはボーナスとして、全操作の動画もあります。

Photoshop CCの極上テクニック

28 Awesome Tips and Tricks for Photoshop CC 2015

下記は各ポイントを意訳したものです。
※当ブログでの翻訳記事は、元サイト様に許可を得て翻訳しています。

※各ショートカットは、OS X用です。
Windowsの場合は、下記のように置き換えて利用してください。
Command = Ctrl
Option = Alt
Delete = Backspace

01: 歯を自然な白さに美しくレタッチする

簡単で、そして効果的に、歯を自然な白さに美しくレタッチするテクニックです

Photoshop CCの極上テクニック

01-01: 「自然な彩度」を「-60」に

自然な白さに美しく仕上げる
  1. レイヤーを選択し、新規調整レイヤー「自然な彩度」を作成。
  2. 属性パネルの「自然な彩度」を「-60」に設定(01-01)。
  3. レイヤーの彩度のレイヤーを選択し、属性パネルの「マスク」を選択。
  4. 属性パネルの「反転」をクリックすると、選択した彩度のレイヤーが黒で満たされます(01-02)。
  5. ブラシツール「B」を選択し、「ソフト円ブラシ」を選択し、「不透明度」を「50%」に設定します。
  6. 歯を中心に拡大し、ブラシで塗ります(01-03)。
Photoshop CCの極上テクニック

01-02: 属性パネルの「反転」をクリック

Photoshop CCの極上テクニック

01-03: 白く美しくしたい箇所をペイント

02: 作業の途中に、最終の状態を手早く確認

作業中にレイヤーをすべてマージして、最終の状態を確認したいことはありませんか?

現在のレイヤー構造を維持したままで、すべてのレイヤーを統合して新規レイヤーに作成することができます。

Photoshop CCの極上テクニック

02-01: 作業中のレイヤー

表示しているレイヤーすべてを新規レイヤーに統合
Command + Option + Shift + E

選択しているレイヤーの上に新規レイヤーを作成し、背景を含んだ表示しているレイヤーを統合します。
作業中のレイヤー構造は損なわれません(02-02)。

Photoshop CCの極上テクニック

02-02: 表示しているレイヤーすべてを統合

03: レタッチやブラシで使うと便利、回転ビューツール

Photoshopでレタッチやブラシなどの作業を行う際に、やりにくい箇所ってありますよね。
そんな時は、回転ビューツールを使うと便利です。

Photoshop CCの極上テクニック

03-01: 回転ビューツール

レタッチやブラシで使うと便利、回転ビューツール
R
※OpenGLが必要です。

回転ビューツールは画像を劣化させずに、作業しているカンバスを非破壊的に回転できます。やりにくい箇所は回転させると、簡単に作業ができるようになります。
回転を元の位置に戻す際は、ツールバーの「ビューの初期化」で元に戻ります(03-02)。

Photoshop CCの極上テクニック

03-02: ビューの初期化

04: レイヤーの不透明度を素早く変更

レイヤーパネルの不透明度は、スライダーを使って変更している人もいると思いますが、ホットキーを使うと素早くできます。

Photoshop CCの極上テクニック

04-01: レイヤーの不透明度を「50%」に

レイヤーの不透明度を素早く変更
移動ツール・選択ツールなどの選択時に、数字キー

数字キーの「1」は「10%」、「5」は「50%」で、素早く2桁を入力すると「23%」なども指定できます。
不透明度をリセット(100%)する時は、「0」です。

Tips
移動ツール・選択ツールなどの選択時に、Shift + 数字キー

「Shift」キーを押しながらにすると、「塗り」の不透明度も変更できます。

05: レイヤーの選択を素早く移動

レイヤーパネルから、レイヤーを一つ選択してください(05-01)。

Photoshop CCの極上テクニック

05-01: レイヤーを選択

レイヤーの選択を素早く移動
Option + [ or ]

「[」は下方向、「]」は上方向に、レイヤーの選択を素早く移動させることができます。

Photoshop CCの極上テクニック

05-02: 選択を素早く移動

06: レイヤー自体を素早く移動

キーボードで操作できるのは、移動だけではありません。

Photoshop CCの極上テクニック

06-01: レイヤーを選択

レイヤー自体を素早く移動
Command + [ or ]

「[」は下方向、「]」は上方向に、選択したレイヤーを素早く移動させることができます。

Photoshop CCの極上テクニック

06-02: レイヤーを素早く移動

07: 定規の単位を素早く変更

定規の単位を変更するために、わざわざ環境設定を開く必要はありません。

Photoshop CCの極上テクニック

07-01: 定規の単位を変更

定規の単位を変更
Command + Rで定規を表示し、定規を右クリック

定規を右クリックで変更した単位は、環境設定の単位にも反映されます。

08: ヒストリーの回数を増やす

Photoshopで作業の取り消しができるヒストリーの回数はデフォルトで20回ですが、これは変更できます。

Photoshop CCの極上テクニック

08-01: ヒストリーの回数を変更

ヒストリーの回数を変更
Command + Kで「環境設定」を開きます。
「パフォーマンス」の「ヒストリー数」を変更。

「ヒストリー数」のスライダーを変更することで、最高1,000回までCommand + Option + Zで作業を取り消すことができます。ただしヒストリー数を増やすほど、Photoshopのパフォーマンスが悪くなるので、ほどほどに。

Tips
ヒストリーパネルの右肩の三本線から、「ヒストリーオプション」を選択すると、「レイヤーの表示・非表示の変更を取り消し可能にする」など、履歴のより細かい設定ができます。

09: パスに沿ってパターンで塗りつぶす

これはPhotoshopで割と知られていない便利なテクニックです。

Photoshop CCの極上テクニック

09-01: パスの塗りつぶし

パスに沿ってパターンで塗りつぶす
  1. ペンツール「P」を使ってパスを描き、パス選択ツール「A」でパスを右クリックし「パスの塗りつぶし」を選択します(09-01)。
  2. 「パスの塗りつぶし」パネルで、「内容」を「パターン」にし、「スクリプト」をチェックして「パスに沿って配置」を選択し、「OK」ボタンをクリックします(09-02)。
  3. あとは、「パスに沿って配置」パネルで、パターンをカスタマイズします(09-03)。
Photoshop CCの極上テクニック

09-02: パスの塗りつぶし

Photoshop CCの極上テクニック

09-03: パスに沿って配置

10: レイヤーマスクの便利テクニック

レイヤーマスクを追加する時に全部が見えている状態ではなく、全部が見えてない状態にしたいことはありませんか?
これは「レイヤーマスクを追加」ボタンをクリックすると同じくらい簡単にできます。

Photoshop CCの極上テクニック

10-01: レイヤーマスクを黒で満たす

「レイヤーマスクを追加」ボタンをクリックすると、デフォルトではレイヤーを隠さない白で満たされたマスクが追加されます。

レイヤーマスクを黒で満たす
Optionを押しながら、「レイヤーマスクを追加」

「Option」を押しながら「レイヤーマスクを追加」ボタンをクリックすると、黒で満たされたマスクが追加されます(10-01)。

11: ドキュメントの中心を素早く見つける

Photoshop CC2014から「新規ガイドレイアウトを作成」という便利な機能が加わりました。

Photoshop CCの極上テクニック

11-01: 新規ガイドレイアウトを作成

ドキュメントの中心を素早く見つける
  1. メニューの「表示」から、「新規ガイドレイアウトを作成」を選択。
  2. 「新規ガイドレイアウトを作成」パネルで、「列: 2、行: 2」をセット(11-01)。
  3. これで、ドキュメントの中心を素早く見つけることができます。
  4. せっかくなので、これを保存しておきましょう。
    「プリセット」から「プリセットを保存」を選択し、名前をつけます(11-02)。
  5. 次からは、ドロップダウンから簡単に選択できます(11-03)。
Photoshop CCの極上テクニック

11-02: プリセットの保存

Photoshop CCの極上テクニック

11-03: プリセットから簡単に選択

12: 特定箇所のカラーを簡単に素早く変更

写真がカラフルなら、特定箇所のカラーを簡単に素早く変更することができます。

Photoshop CCの極上テクニック

12-01: クルマのカラーを変更

特定箇所のカラーを簡単に素早く変更
  1. 新規レイヤーを作成し、あなたが望むカラーでそのエリアをペイントします(12-01)。
  2. レイヤーパネルのブレンドモードを「色相」か「カラー」に変更します。
  3. どちらもベースとなるカラーに異なる効果を与えます。両方とも試して、色味に合わせて使用してください(12-02)。
Photoshop CCの極上テクニック

12-02: ブレンドモードの適用

13: ブラシで塗る正確な選択範囲

複雑で細かい選択範囲を作成する時は、ブラシツールとマスクを使うと正確な選択範囲を作成できます。

Photoshop CCの極上テクニック

13-01: クイックマスクモードで編集

ブラシで塗る正確な選択範囲
  1. クイックマスクモードで編集「Q」を選択し、クイックマスクのアイコンをダブルクリックします(13-01)。
  2. オプションパネルで、「選択範囲に色を付ける」をチェックします(13-02)。
  3. ブラシツール「B」を選択し、前景色が黒であることを確認してください。
  4. 選択したい範囲をブラシツールで塗ります、カラーはピンクになります(13-03)。
  5. 塗り終わったら、「Q」でクィックマスクを終了させます。これで選択範囲の完成です。
Photoshop CCの極上テクニック

13-02: オプションパネル

Photoshop CCの極上テクニック

13-03: ブラシツールで塗る

Photoshop CCの極上テクニック

13-04: クリックマスクの終了

14: 美しい白黒写真をつくるチャンネルミキサー

チャンネルミキサーを使うと、ディテールを残したまま、美しい白黒写真を簡単に作成できます。

Photoshop CCの極上テクニック

14-01: 美しい白黒写真を簡単作成

美しい白黒写真をつくるチャンネルミキサー
  1. カラーの写真画像を開きます。
  2. メニューの「レイヤー」から「新規調整レイヤー::チャンネルミキサー」を選択。
  3. 「チャンネルミキサー」パネルの「プリセット」から「モノクロ赤外線」を選択。
  4. レッド・グリーン・ブルーのスライダーで、ディテールを消さないようにコントラストを調整します(14-01)。

15: テキストでもシェイプでも素早く塗る

テキストでもシェイプでも、ソリッドなオブジェクトを前景色で塗ることができます。

Photoshop CCの極上テクニック

15-01: 素早く塗る

テキストでもシェイプでもレイヤーを素早く塗る
レイヤーを選択して、Option + Delete

16: レイヤーと一緒にレイヤースタイルのサイズを調整

レイヤースタイルをレイヤーのコンテンツと一緒に拡大・縮小することができます。

Photoshop CCの極上テクニック

16-01: ドロップシャドウを選択

レイヤーと一緒にレイヤースタイルのサイズを調整
  1. レイヤースタイルを適用したレイヤーを選択。
  2. メニューの「レイヤー」から「レイヤースタイル::効果を拡大・縮小」を選択。
  3. 比率を「175%」にセットし、「OK」ボタンをクリックします(16-01)。
  4. 「Command + T」で「編集::変形」にし、オブジェクトのサイズを175%に拡大します(16-02)。
Photoshop CCの極上テクニック

16-02: レイヤーとレイヤースタイルを拡大

17: ブラシツールで正確に描く設定

ブラシツールで正確に描く必要がある時、この設定がオススメです。

Photoshop CCの極上テクニック

17-01: ブラシツールの設定

ブラシツールで正確に描く設定
Command + Kで「環境設定」を開きます。
「カーソル」の「ペイントカーソル」で、「ブラシ先端(標準サイズ)」「ブラシ先端に十字を表示」をチェック。

18: 複製を素早く、簡単に

Photoshopのドキュメント上にあるレイヤー、レイヤースタイルを素早く、簡単に複製することができます。

Photoshop CCの極上テクニック

18-01

素早く簡単に複製
Optionを押しながら、ドラッグ。

レイヤーもレイヤースタイルも素早く簡単に、そして何度でも複製することができます。

19: レイヤーパネルで指定レイヤーだけ表示する

多くのレイヤーがあるPSDで作業する時、この方法を知っていると非常に便利です。

Photoshop CCの極上テクニック

19-01: Optionキーを押しながら

指定したレイヤーだけ表示
Optionを押しながら、「表示/非表示アイコン」をクリック。

指定したレイヤーが表示・非表示に関わらず、指定したレイヤーだけを表示します(19-02)。
同じ操作をすると、元の状態に戻せます。

Photoshop CCの極上テクニック

19-02: 指定したレイヤーだけを表示

20: 画像の水平を出す

画像がなんか傾いてるなと思ったら、簡単に画像の水平を直すことができます。

Photoshop CCの極上テクニック

20-01: 水平を設定

画像の水平を出す
  1. ものさしツール「I」を選択し、写真の水平であるべきラインをドラッグします(20-01)。
  2. コントロールバーから「レイヤーの角度補正」ボタンをクリックすると、角度が補正されます(20-02)。
  3. 補正した際にできた四隅の不要な部分は、切り抜きツール「C」で取り除きます。
Photoshop CCの極上テクニック

20-02: レイヤーの角度補正

21: 拡大編集している箇所を素早く確認、そして移動

画像を編集している時、今表示している箇所が画像全体のどこなのか素早く確認、そして移動できる有用な小ネタがあります。

Photoshop CCの極上テクニック

21-01: バードアイビュー

バードアイビュー
Hを押しながら、クリック。

例えば、画像を拡大して編集している時に、Hを押しながらクリックすると、画像全体が表示され、編集時に表示していたエリアが矩形で囲まれます。クリックを離すと、元に戻ります。

Tips
Hを押しながら、クリック。
表示された矩形をドラッグ。

矩形をドラッグすると、拡大状態を維持したまま、編集エリアを変更できます。

22: 一番簡単なクリッピングマスクの作成方法

この方法が一番簡単にクリッピングマスクを作成できます。
ここでは、文字のレイヤーに画像をクリップしてみます。

Photoshop CCの極上テクニック

22-01: 用意したPSD

文字のレイヤーに画像をクリップする
  1. 画像を用意します。
    ビルの写真を背景に、文字のレイヤーを重ね、文字に地下鉄の写真をクリップします(22-01)。
  2. 地下鉄の写真のレイヤーと文字のレイヤーの間にマウスをホバーし、「Option」を押します(22-02)。
    この時に表示される小さいアイコンがポイントです。
  3. アイコンが表示されたら、クリックすると、クリッピングマスクが作成されます(22-03)。
Photoshop CCの極上テクニック

22-02: 「Option」キーを押すとアイコンが表示される

Photoshop CCの極上テクニック

22-03: クリッピングマスクを作成

23: 写真をInstagram風に仕上げるポイントは特定色域の選択

写真画像を素早く簡単に、Instagram風のフェード効果を与えて、かっこよく仕上げます。

Photoshop CCの極上テクニック

23-01: 中間色系の設定

Instragramのフェードエフェクトを素早く与える
  1. メニューから「レイヤー::新規調整レイヤー::特定色域の選択」を選択。
  2. 「カラー」のドロップダウンを「中間色系」にし、「ブラック」を「-20%」に設定(23-01)。
  3. それからドロップダウンを「ブラック系」にし、「ブラック」を「-15%」に設定(23-02)。
Photoshop CCの極上テクニック

23-02: ブラック系の設定

24: 選択範囲の必須テクニック

選択ツールを使う際の必須テクニックです。

Photoshop CCの極上テクニック

24-01: 選択範囲の必須テクニック

選択範囲の移動、正確なサイズで正確に配置
選択範囲を作成中、Space + ドラッグ

スペースバーを押すと、正確なサイズ・正確な位置が表示され、ドラッグして移動することができます。

25: 写真をレトロ風にする簡単で効果的なテクニック

写真を素早くレトロ風に仕上げる、簡単で効果的なテクニックです。

Photoshop CCの極上テクニック

25-01: 新規塗りつぶしレイヤー

画像をレトロスタイルに素早く仕上げる
  1. 画像を用意します。
  2. メニューの「レイヤー::新規塗りつぶしレイヤー::べた塗り」を選択し、明るいブルーで塗ります(25-01)。
  3. レイヤーのブレンドモードを「除外」にセット(25-02)。
  4. これでは濃すぎるので、不透明度を「20%」にします(25-03)。
Photoshop CCの極上テクニック

25-02: ブレンドモード「除外」

Photoshop CCの極上テクニック

25-03: 不透明度で調整

26: 画像の書き出しは書き出し形式パネルが便利

Photoshop CC2015では、書き出し機能も大幅に強化されました。

Photoshop CCの極上テクニック

26-01: 「書き出し形式」を選択

画像の書き出し
  1. 書き出すレイヤーを選択。
  2. 右クリックして、「書き出し形式」を選択(26-01)。
  3. 「書き出し形式」のパネルから書き出すレイヤーを確認(26-02)。
  4. ファイル形式を設定して、「すべてを書き出し」をクリック。
Photoshop CCの極上テクニック

26-02: 「書き出し形式」のパネル

クイック書き出しを使用して、レイヤー、レイヤーグループ、そして新機能のアートボードから書き出すことができ、書き出すフォルダも予め指定しておくことができます。

27: 同じレイヤースタイルを複数適用させる

Photoshop CC2015では、一部のレイヤースタイルを複数適用することができるようになりました。

Photoshop CCの極上テクニック

27-01: 境界線を3つ適用

同じレイヤースタイルを複数適用させる
  1. 「レイヤースタイル」パネルを開きます。
  2. スタイルの右側に「+」があるものは、クリックすると複数適用できます。

レイヤースタイルは、最大10個まで追加することができます。

28: Photoshopのイースターエッグ

Photoshopの環境設定パネルにイースターエッグがあります。

Photoshop CCの極上テクニック

28-01: イースターエッグ

Photoshopのイースターエッグ
Command + Kで「環境設定」を開きます。
「インターフェイス」を選択。
「カラーテーマ」をCommand + Shift + Option + クリック。

ボーナス: 全作業を動画で解説

上記のテクニックはすべて、動画で見ることもできます。

28 Amazing Photoshop CC Tips, Tricks, & Hacks

おまけ: 最初に「最近使用したファイル」を開かない

Photoshop CC2015で最初に驚いたのが、起動時に表示される「最近使用したファイル」でした。この表示が不要な人は、設定で表示されないようにすることができます。

Photoshop CCの極上テクニック

おまけ-01: 起動時に表示される「最近使用したファイル」

最初に「最近使用したファイル」を開かない設定
Command + Kで「環境設定」を開きます。
「一般」を選択。
「ファイルを開くときに「最近使用したファイル」ワークスペースを表示する」のチェックをはずして、再起動。
Photoshop CCの極上テクニック

おまけ-02: チェックをはずす

top of page

©2016 coliss