フォントで重要なのは組み合わせ、Googleフォントを使ったオススメの組み合わせ方

Open Source Fontsの「Googleフォント」は個人でも商用でも無料で利用できるのも魅力の一つですが、その質も素晴らしいフォントが揃っています。

Googleフォントを使ったオススメの組み合わせ方を紹介します。

Googleフォントのタイポグラフィ

Typography: Google Fonts Combinations

フォントの組み合わせも参考になりますが、レイアウトやグラフィックも非常に参考になりますね。

Googleフォントの組み合わせ

Playfair Display」と「Fauna One」の組み合わせ

Googleフォントの組み合わせ

Quattrocento」と「Fanwood Text」の組み合わせ

Googleフォントの組み合わせ

Oswald」と「Quattrocento」の組み合わせ

Googleフォントの組み合わせ

Mr De Haviland」と「Neuton」の組み合わせ

Googleフォントの組み合わせ

Open Sans」と「Prata」の組み合わせ

Googleフォントの組み合わせ

Rufina」と「Oxygen」の組み合わせ

Googleフォントの組み合わせ

Julius Sans One」と「Crimson Text」の組み合わせ

Googleフォントを探す時は、下記が便利です。

top of page

©2017 coliss