Photoshopでのブラシ作業をより素早く行うための5つのテクニック

画像のレタッチ作業には欠かせないPhotoshopのブラシ作業をより素早く行うための5つのテクニックを紹介します。

Photoshopのキャプチャ

5 Things to Know About Photoshop Brushes

下記は各ポイントを意訳したものです。

1. キーボードからブラシのサイズ、不透明度、流量を変更する

ブラシのサイズや不透明度や流量はツールバーからマウスのクリックで変更できますが、キーボードからも簡単に変更できます。

Photoshopのキャプチャ

まずは、ブラシを選択した状態[B]にします。

ブラシのサイズをキーボードで変更

Photoshopのキャプチャ

[ or ] キーで、ブラシのサイズを変更できます。

ブラシの不透明度をキーボードで変更

Photoshopのキャプチャ

数字キーで、ブラシの不透明度を変更できます。

ブラシの流量をキーボードで変更

Photoshopのキャプチャ

[Shift]キーを押しながら数字キーで、ブラシの流量を変更できます。

参考:右クリックで簡単変更

Photoshopのキャプチャ

右クリックでパレットを表示し、「直径」にカーソルを合わせるとドラッグでサイズを変更できます。

2. ブラシの保存

よく使用するブラシがあるなら、そのブラシを保存しておくと便利です。

Photoshopのキャプチャ

ブラシパネルの左上の保存ボタンをクリックし、分かりやすい名前をつけて保存してください。

3. ブラシのカーソルが見えにくいのを解消

ブラシの作業中、ブラシのカーソルがどこにいったか見えなくなることはありませんか?

Photoshopのキャプチャ

ブラシのカーソルは、[Caps Lock]キーで標準と精細を切り替えることができます。

4. ブラシで直線にペイント、点線も

[Shift]キーを押しながら、水平・垂直にラインを描けますが、斜めの直線も簡単に引けます。

Photoshopのキャプチャ

始点となるポイントをブラシでクリックし、終点となるポイントを[Shift]キーを押しながらクリックすると、その2点を結ぶ直線をペイントできます。

また、ブラシのオプションで間隔を変更すると、点線をペイントできます。

Photoshopのキャプチャ

5. ブラシのパネルを素早く表示

ブラシのパネルを開くために、いちいちツールバーに戻る必要はありません。

Photoshopのキャプチャ

ブラシツールを選択した状態で、画像のどこでも右クリックすると、ブラシのパネルが表示されます。
パネルを閉じる時は、使用するブラシをダブルクリックします。

top of page

©2017 coliss