チャリティや慈善事業サイトから学ぶサイトの重要な8つのポイント

チャリティや慈善事業サイトから学ぶサイトの重要な8つのポイントをWebdesigner Depotから紹介します。

8 Tips to Design a Charity Website

1. A mission

ミッションの明示

サイトのミッションを要約したものをタグラインなどで配置し、的確で簡潔にユーザーに伝えます。

サイトのキャプチャ

Cards from Africa

2. How sponsors will be helping

スポンサーが助けている事

後援したお金がどのように使用されるかを明記します。

サイトのキャプチャ

World Concern

3. Photos of people the sponsors will be helping

誰に対して後援するのか

対象となる後援する人々をビジュアル化します。

サイトのキャプチャ

Here's Life Mission Africa

4. Donate button

寄付のボタン

サイトの中で重要で、効果の見込みが最も高い「寄付のボタン」は目立つように配置します。

サイトのキャプチャ

MANNA FoodBank

5. Donations to date

寄付の成果

今までどのくらい寄付を集めたか、その成果を明記します。
これは、このサイトがどれだけ有用であったか、そして現在も継続しているということをユーザーに伝えます。

サイトのキャプチャ

Alleviate Poverty

6. A funding goal

資金のゴール

可能なら、ゴールを明示してユーザーと共有してください。目標を挙げることはユーザーに目指すべき場所を伝えることができます。

サイトのキャプチャ

Fifty Thousand Shirts

7. Keep in touch

連絡は継続的に

ニュースレターなどを使用して、ユーザーとの継続的な連絡手段を用意してください。

サイトのキャプチャ

TAKE THE WALK

8. How can people help

他の手段

寄付することだけでなく、他の方法で助けることができるか明示します。

サイトのキャプチャ

Red Nose Day 2009

top of page

©2017 coliss