中小企業のウェブサイトで陥りやすい5つの落とし穴とアドバイス

中小企業のウェブサイトでおかしやすい間違いと、それを解決するためのアドバイスを紹介します。

サイトのキャプチャ

Top 5 Web Design Mistakes Small Businesses Make

下記は各ポイントを意訳したものです。

はじめに

もし、あなたが中小企業のオーナーであるなら、あなたのウェブサイトはあなたの会社の中枢であり、マーケティングとブランディングにおける極めて重要なパートでもあります。

見込みのある顧客がサイトのコンテンツを目的にあなたのサイトを訪問します、それはあなたの会社がどのように見えるかを意味しており、サイトのアピアランスとユーザビリティは成功への重要なポイントとなります。
しかしながら、サイトのデザインを間違ったものにしてしまうと、あなたのビジネスに悪影響を与えてしまうことになります。ここにあなたが素晴らしいユーザエクスペリエンスを作るために、避けなくてはいけない5つのポイントがあります。

1. 役に立たないナビゲーション

サイトのキャプチャ

多くの中小企業のサイトで、ナビゲーションの重要性に気がついていません。ナビゲーションはあなたのサイトをビジターが操作するもので、またビジターを失望させてしまうこともある大切な要素です。
ビジターは目的の情報を得るために、あなたのサイトを訪れます。もし、それが見つけられない場合、ビジターはそのサイトに価値がないと判断し、他のサイトに移動するうきっかけを与えてしまいます。

良いナビゲーションとは、ビジターにストレスを与えることなく、潜在的にあなたのサイトが意味することを長期にわたり提供するべきです。

サイトのナビゲーションは、ユーザビリティとアクセシビリティの両方に影響を与えます。そのため、ナビゲーションに配慮することは重要です。
多くのサイトやブログでは平均的なビジターを想定して、一般的なナビゲーションのテクニックを使用しています。サイト内のページやセクションはビジターにとって操作するのを簡単にし、且つ論理的にするべきです。ナビゲーションを設計する際は、ビジターをあなたのサイトでどのように誘導するかは考えないでください。そんな労は必要なく、あくまでもナチュラルにすべきです。

効果的なナビゲーションとは

効果的なナビゲーションを設計するためのいくつかのルールがあります。

  • ナビゲーションを補助するために、アイコンを使う。
    視覚的に魅力がアップし、使うのも理解するのも簡単になります。
  • 関連したリンクの論理的なグループを設ける。
    最も重要なコンテンツ、機能的なコンテンツ(ダッシュボード、アカウント、設定など)、法規上のコンテンツ(著作権、プライバシー、用語など)、それぞれの適切なグルーピングを行い、配置します。
  • ビジターが現在どこにいるか、そしてどのように進むべきかを知らせるインフォメーションを提供する。
    パンくずを使うことで、現在位置を明示することができます。

2. ゴールが不明瞭

サイトのキャプチャ

多くの中小企業のサイトの基本的な間違いは、明確な「行動への呼びかけ」がないことです。これは例えば、プロダクトを購入する、あなたと連絡をとる、定期購読する、などのユーザーの行動を促すもので、これらの機会を失っていると言えます。

サイトのトラフィックは確かに重要です。しかし、「行動への呼びかけ」が単に「ここをクリック」などのリンクであるならそれは無用です。「行動への呼びかけボタン」はユーザーの注意をつかむ非常に素晴らしい方法です、これはより高いコンバージョンが見込めます。
最適化された「行動への呼びかけ」を設置することで、ユーザーの助けとなり、そしてあなた自身のビジネスゴールを達成するために役立つことでしょう。

最適な「行動への呼びかけ」とは

「行動への呼びかけ」を設置する際に、次のことを念頭におくことは重要です。

  • 「行動への呼びかけ」のデザインは4つのエレメントから成っています。
    大きさ、形、色、配置
    一つとして、おろそかにしてはいけません。
  • ユーザーが考えたり、悩んだりしないものにする。
    これはユーザーが頭が良くないと言ってるのではありません。不必要な時間を過ごすのは嫌いで、素早く情報にアクセスできることを欲しています。
  • 行動への呼びかけを多くしすぎない。
    必ず、あなたの一番重要なものを決めて、ページごとに一つの明確な目的を定義するようにします。ページは「私のために何がそこにありますか?」、行動への呼びかけは「私は今何をしますか?」という問いに答えられるようにしてください。

3. カラーとコントラスト

サイトのキャプチャ

ウェブサイトを制作することになるとカラーとコントラストは、中小企業のオーナーにとってプライオリティのリストでは通常高くありません。
しかしながら、これは間違いです。なぜなら、あなたのウェブサイトのテキストが背景と比較して充分なコントラストを持っていない場合、ビジターはあなたのコンテンツを読むことを苦手とするでしょう。

視覚的興味を引き起こし、ユーザーの注意を向けるために使用することができるので、カラーとコントラストは重要です。これは1ページの流れと階層を組織化し、そして定義することに効果があり、そのためのデザインプロセスで注意を払うべき大切なことです。

カラーとコントラストの助言

あなたのサイトのカラーとコントラストを設計する際に、役立つ助言です。

  • あなたのウェブサイトのカラーとコントラストが適切であるか簡単にチェックすることができます。
    Colour Contrast Check
  • 主要なサイトがどのようなカラーとコントラストで、リーダビリティを改善し、特定のセクションをハイライトしているか勉強してください。
    Color Scheme Designer」を使うと便利でしょう。
  • コントラストを強める最も良い方法の一つに、エレメント間の大きさの相違があります。これは特にミニマルのカラースキームを使用している際にうまくいく方法です。これが意味するものは、必ずしもカラーに頼らなくてもよい、ということです。

4. 分かりにくいコンテンツ

サイトのキャプチャ

人々はコンテンツのためにあなたのサイトを訪問します。そして、それがどのように構造化されているのかが、サイトの成功あるいは失敗の大きな要因となります。
不幸なことに圧倒的多くの中小企業のサイトで、情報がどのようにプレゼンテーションされているかを見落としてしまうほど、情報でビジターに負担をかけすぎてしまっています。

ビジターはそれが絶対的に必要でないのであれば、たいてい読みません。興味のあるポイントに達するために、素早く情報を見渡すことを好むものです。
このような傾向をふまえ、ビジターが素早くサイトを走査できるように、強いビジュアルコンテンツで階層を確立し、適切な情報を吟味してください。論理的なコンテンツの階層は、それぞれのページを通じて道案内としても作用し、ビジターにいっそう楽しいユーザエクスペリエンスを提供します。

コンテンツにフォーカスさせる

コンテンツにフォーカスを合わせる時、念頭におくべき3つの助言です。

  • コンテンツを配置する際に最も重要な要因は、ホワイトスペースの使い方です。有効に活用することで、ユーザーがそれぞれのセクションの中で有意義なコンテンツにフォーカスを合わせることを可能にします。
  • 見出し、小見出し、ビュレット、引用、パラグラフを利用し、単に長いだけのテキストにお別れを告げてください。
  • 読みやすい、というのは重要なポイントです。走査しやすくするため、行間を広くします。マージンや文字間の調整も同じく考慮する必要があります。

5. 情報の詰め込み過ぎ

サイトのキャプチャ

多くの中小企業のオーナーが1つのページに多くの情報を詰め込む傾向があります。それは、最終的には散らかったものになり、読めないページになりがちです。

そして、無関係なアイテムがページ上にあると、それだけでプロ的ではないように見えるだけでなく、ビジターにとっても紛らわしく、気を散らせるものです。こういった散らかったページはビジターが戻らないことも多く、サイトのトラフィックにも影響を与えることでしょう。

散らかったというのは、画像にも当てはまります。あまりにも多くの気を散らす画像は、ビジターをいらいらさせるものです。あくまでも、ビジターをガイドする目的に使われるべきです。

情報を整理

ビジターのエクスペリエンスを合理化するためのガイドラインです。

  • ページ上のすべてのアイテムに自問自答してみてください。
    「それは本当にそこにある必要はありますか?」
    「それは目的を満たしていますか?」
    「それ無しではいけませんか?」
  • ポイントはビジターが探している情報を見つけだすことを手伝えることです。コンテンツであるのか、広告であるのか、も確実に分かるようにしてください。
  • コンテンツに優先順位をつけて、ビジターと見込みがあるユーザーに何が最も重要であるか決めて、それをうまく売り込んでください。

top of page

©2017 coliss