エクセルのデータを見やすくする5つの簡単なテクニック

Chandoo.orgのエントリーから、条件付き書式を利用して、エクセルのデータを見やすくする5つのテクニックを紹介します。

Learn Cool Microsoft Excel Conditional Formatting Tricks

エクセルデータは、Chandoo.orgのエントリーの一番下からダウンロードできます。

テーブルの横列・縦列をハイライト

テーブルのデータを見やすくするために、横列・縦列を交互にハイライト表示にします。

テーブルの横列・縦列をハイライトのキャプチャ
  1. ハイライトにするテーブル全体を選択します。
  2. メニューより、[書式] - [条件付き書式] を選択。
  3. 「数式」を選択し、「=MOD(ROW(),2)=0」を入力します。
    書式に「黄色いパターン」を選択し、「OK」ボタンをクリック。
  4. これで、横列に交互に黄色のパターンで、ハイライトされます。
  5. 縦列の場合は、「=MOD(COLUMN(),2)=1」を記述します。

条件付き書式を使用したガントチャート

プロジェクトのスケジュールなどのガントチャートを条件付き書式を使用して作成します。

条件付き書式を使用したガントチャートのキャプチャ
  1. 上記の画像のようなテーブルを作成し、「開始日(Start)」「終了日(End)」「日付(Day)」の欄を設けます。
  2. 開始日と終了日を入力したら、自動で日付がハイライトするように設定します。
  3. 日付のセルを選択します。
  4. セルのデータに、「=IF(AND(F$8>=$D9, F$8<=$E9),"1","")」を入力します。
    ※D9, E9は開始日と終了日のセル。
  5. 次に、メニューより、[書式] - [条件付き書式] を選択。
  6. 「セルの値が」「次の値に等しい」を選択し、「="1"」を入力します。
    書式に「水色のパターン」を選択し、「OK」ボタンをクリック。
  7. これで、開始日・終了日を入力すると、自動で日付に紐付きます。

セル内に配置する棒グラフ

「|」記号を使用して、セル内に棒グラフのように配置します。

セル内に配置する棒グラフのキャプチャ
  1. 棒グラフを配置するセルを選択します。
  2. セルのデータに、「=REPT("|",C9/5)」を入力します。
    ※C9は数字のセル、「|」は棒グラフの元。
  3. 上記のように平均値以上を赤くするには、棒グラフのセルを選択します。
  4. メニューより、[書式] - [条件付き書式] を選択。
  5. 「数式」を選択し、「=($C14>AVERAGE($C$8:$C$67))」を入力します。
    書式にフォントの色「赤」を選択し、「OK」ボタンをクリック。
    ※AVERAGEを使用。
  6. これで、セル内に棒グラフが記述されます。

ミスやエラー・データ欠落などのハイライト表示

ミスやエラー・データの欠落などの箇所をハイライト表示にします。

ミスやエラー・データの欠落などのハイライト表示のキャプチャ
  1. ミスやエラーの対象となるセルを選択します。
  2. メニューより、[書式] - [条件付き書式] を選択。
  3. 「数式」を選択し、「=ISERROR()」を入力します。
    書式に、「黄色いパターン」を選択し、「OK」ボタンをクリック。
  4. エラーのセルを黄色にします。
  5. また、データの欠落を調べるために、同様の方法で「countif()」を使用します。

直感的に把握できるデータテーブル

データの増減を直感的に把握できるようにします。

直感的に把握できるデータテーブルのキャプチャ
  1. 新しいテーブルにデータをコピーします。
  2. データ部分を空にして、「=ROUND(C10,0) & " " &  IF(C9<C10,"▲", IF(C9=C10,"●","▼"))」を入れます。
    ※C10は元のデータ、C9は比較するデータ、●▲▼は上げ下げ。
  3. 次に、条件付き書式で、データのフォントの色を赤・青・緑にします。
  4. メニューより、[書式] - [条件付き書式] を選択。
  5. 「数式」を選択し、「=C9C10」は「赤」を選択します。
  6. これで、直感的に把握できるデータになります。

top of page

©2016 coliss