[SEO]すぐにできる、サイトの内部リンクを改善する5つの方法

SEOで重要な要素の一つに、内部リンクがあります。これはあなた自身のサイトの内部リンクを適切にすることで、サイトをSEOの面で改善・強化します。
すぐに作業できる内部リンクを改善する5つの方法を紹介します。

サイトのキャプチャ

5 Fast Tips to Improve Internal Links

下記は各ポイントを意訳したものです。

1. キーワードを使う

リンクのテキスト(アンカーテキスト)には、キーワードを含めるようにします。
例えば、「内部リンク」というキーワードに注目する場合、そのページへリンクを貼る場合はアンカーテキストに「内部リンクの説明」とキーワードを含めるようにします。これにより、検索エンジンのスパイダーはリンク先のページが何についてのものか理解するでしょう。また、それはコンテンツの順位を上げるために役立つことになります。

2. 絶対パスを使う

検索エンジンのスパイダーが相対パスより絶対パスを好むという決定的な証拠はありませんが、絶対パスをリンクのURL表記に使うことは良い習慣です。

絶対パスの例
http://domain.com/page.html
相対パスの例
/page.html

リンクのURL表記に絶対パスを使用することは、スパイダーがそのページがあなたのサイトのどこに正確に位置しているかを決定するのに役立ちます。
また、あなたのコンテンツがコピーされた場合でも、少なくとも内部リンクはあなたのウェブサイトを示すことになります。

3. パフォーマンスの改善

ページをロードするスピードは確かに、ページランクに影響を与えます。これを改善する一歩として、「Google ウェブマスター ツール」で、あなたのサイトが実際にどのくらい速くロードするか見ることができます。ロード時間の目安としては、Googleは1.5秒以下が良いと見なすように思われます。
不必要なコードがないか見直し、圧縮できるものは圧縮して、サイトのパフォーマンスを改善してください。

4. テキストのメニューを使う

検索エンジンは常に進化していますが、スパイダーは未だに非テキストのナビゲーションメニューを探すことを苦手としています。テキストのメニューを使用することは、FlashやJavaScriptで実装するより賢い選択です。

5. リンクの整理整頓

検索エンジンのスパイダーはあなたのサイトを自由に素早く移動することを理解しておくことは重要です。そして、スパイダーが嫌いなものの一つに、行き止まり、つまりリンク切れがあります。
先ほど紹介した「Google ウェブマスターツール」にはこの壊れたリンク(broken link)をチェックする機能もあります。壊れたリンクを見つけしだい、取り除くか、アンカーテキストを変更して正しいページへのリンクを貼り直してください。

top of page

©2017 coliss