コーダーの仕事が楽になる!レスポンシブ対応のさまざまなHTMLテンプレートが驚くほど簡単に作成できる -Aperitif

ランディングページをはじめ、企業サイトやポートフォリオやブログのページまで、レスポンシブ対応のHTMLテンプレートが驚くほど簡単に作成できてしまう無料オンラインサービスを紹介します。

HTMLのテンプレートとして、すぐに利用できるプロトタイプとして、HTMLの知識はほとんどいらずにほんの数クリックで自分用のHTMLファイルが作成できます。

HTMLのテンプレートのキャプチャ

Aperitif

使い方は、簡単です。
登録やメールアドレス入力など、面倒なことは一切必要ありません。

まずは、サイトにアクセスします。
※対応ブラウザは、Chrome, Safari, Firefoxで、IEは準備中です(2017年9月現在)。

サイトのキャプチャ

Aperitif

「Let's Go!」をクリックすると、作成ページに移動します。

サイトのキャプチャ

HTMLテンプレートの作成ページ

左は「スロット」でページの構成、右の「モジュール」からスロットにいれるコンポーネントを選択します。
まずは、スロットの一番上を選択してみます。

サイトのキャプチャ

スロットの一番上を選択

右の「モジュール」から、「Header」をクリックし、ヘッダを配置してみます。

サイトのキャプチャ

ヘッダを選択

各モジュールごとに複数のコンポーネントが用意されています。

サイトのキャプチャ

ヘッダのコンポーネント

ヘッダを配置したら、「Content」でコンテンツを配置してみます。
コンテンツにはさまざまなコンポーネントが用意されており、目的にあったページが作成できます。

サイトのキャプチャ

コンテンツを選択

「Blog」には、ブログ記事のコンポーネントが用意されています。

サイトのキャプチャ

ブログ記事を選択

上部の「Options」では、テーマカラーを選択できます。

サイトのキャプチャ

テーマを選択

スロットにすべてを配置したら、上部の「Generate」をクリックします。

サイトのキャプチャ

HTMLテンプレートの生成

クリックすると、すぐにHTMLテンプレート一式がダウンロードされます。

HTMLテンプレートは、こんな感じです。
レスポンシブ対応のしっかりしたHTMLです。

サイトのキャプチャ

完成したHTMLのテンプレート

top of page

©2017 coliss