Bootstrap 4 alphaの主な特徴、IE8のサポート終了、Sassに移行、CSSの単位はremとem採用

2015年8月19日(Bootstrap誕生4周年)にリリースされた、Bootstrap 4 alphaの主な特徴を紹介します。

IE8のサポート終了、Sassに移行、CSSの単位はremとem採用など、かなり変更されています。

サイトのキャプチャ

Bootstrap 4 alpha

上記の公式ブログに主な特徴が掲載されていたので、ざっと意訳しました。

  • LessからSassに移行
    コンパイラにはlibSassを使用。
  • グリッドシステムの改善
    モバイルデバイスへのターゲットをより良く新しいグリッドシステムを加え、mixinsを総点検しました。
  • オプトインでFlexboxをサポート
    Flexboxベースのレイアウトやコンポーネントが利用可能に。
  • 新コンポーネント「Card」
    Cardはwell, thumbnail, panelの代わりとなるBootstrapの新しいコンポーネントで、より使いやすいよう改善。
  • HTMLリセットは新しいモジュールに統合
    Normalize.cssをどこでストップするかがリブートのステップで、一つのSassファイルで全てを管理します。
  • 新しいカスタマイズできるオプション
    グラデーション、トランジション、シャドウなどv3のように別のスタイルシートにするのではなく、Sassの変数でカスタマイズできるようにしました。
  • IE8のサポートは終了、remとemを採用
    IE8はCSSの最も良い部分を利用できないため、サポートを終了します。サイズの単位はpxではなく、remとemに変更します。もしIE8対応が必要なら、Bootstrap3を使用してください。
  • JavaScriptのプラグインを書き直しました
    すべてのプラグインは、JavaScriptの新しい拡張を利用するためES6で書き直されました。
  • ツールチップの自動配置を改善
    Tetherと呼ばれるツールでツールチップを改善しました。
  • ドキュメントの改善
    ドキュメントはすべてMarkdownで書き直しました。
  • その他
    フォームコントロール、マージンとパディングのclass、新しいユーティリティのclass、他にもたくさんの変更が含まれています。

CSSのサイズ指定の単位は、下記ページが参考になると思います。

Bootstrap v4 alphaは、下記ページからダウンロードできます。

サイトのキャプチャ

Bootstrap v4.0.0-alpha

top of page

©2017 coliss