2012年に備える、ウェブデザイナーのための10のガイドライン

特にフリーランスのウェブデザイナーのための、競合に勝つための効果的かつ革新的なガイドラインを紹介します。

サイトのキャプチャ

10 New Guidelines for Web Designers for 2012

下記は各ポイントを意訳したものです。

  1. 顧客の要件に基づいたデザイン
    デザインの失敗の原因の多くは、ビジネス要件の間違った解釈とデザイナーの側に立った専門的知識の欠如です。顧客を理解する最も良い方法は、デザインプロセス中に彼らの要件をしっかり聞き、見つけ出すことです。
  2. Googleパンダに備える
    あなたがGoogleを好きであるか否かに関わらず、検索エンジンとして最大手のポリシーには従うべきです。Googleが考える高品質なサイトを学びましょう。
    参考:Googleが考える高品質なサイトの23のポイント
  3. 素早い開発
    開発を短期間で行うことは、より早い結果を欲するフリーランスと顧客にとっていいことです。
  4. レビューのスケジュールを管理する
    100%の顧客満足と素晴らしいデザインを達成するために、デザイナーはスケジュールに遅れることなく顧客とのレビューサイクルをすすめるべきです。
  5. デザインの基準を知る
    あなたが制作したデザインをスタンダードなデザインと照らし合わせ、ビジネスの生産性を引き上げるものかチェックしてください。
  6. 改革はなし
    すべてのプロジェクトでゼロからのスタートを要求するものではありません。標準的なデザインテンプレートからはじめ、顧客の要件を満たすよう調整する方法もあります。
  7. 価格設定を魅力的に
    ウェブデザインサービスに対する需要を促進させる主要な要因の一つが価格設定です。リピートによる割引やフリーでのサービスを取り入れてるフリーランスもいます。
  8. ウェブプレゼンス
    ウェブサイトをもつなど、ウェブ上であなたの存在感をアピールすることは大切です。これはビジネスの信頼性に加え、あなたの作品を目立たせる機会を提供するものです。
  9. ソーシャルメディアを学ぶ
    ウェブデザインの最新のトレンドを学ぶためには、ソーシャルメディアは欠かせません。
  10. ゼロからスタートしない
    ゼロから新しい何かを作る前に、時間を節約するために利用できるツールやテンプレートがないか調べてみてください。また、汎用的なデザインテンプレートやフレームワークを用意しておくのもよいでしょう。

top of page

©2017 coliss