ベジェ曲線が苦手な人に!PhotoshopとIllustratorのペンツールで思い通りに描けるようになる知って得する2つのこつ

ペンツールは、PhotoshopとIllustratorで最も重要なツールの1つです。ペンツールを楽に使えるようになると、デザインの新しいチャンスが広がり、ワークフローも大きく改善されるでしょう。

PhotoshopとIllustratorでのペンツールの役割や使い方の違いを理解し、それぞれで作業する時にベジェ曲線を思い通りに描くのに役立つ2つのこつを紹介します。

サイトのキャプチャ

Two Simple Techniques To Help You Master the Pen Tool

元記事のライセンスに基づいて意訳しました。

ペンツールの種類

IllustratorやPhotoshopのペンツールは、アンカーポイントやベジェ曲線を作ったり、追加したり、削除したり、微調整することができます。これらのオプションは、ショートカットキーやツールパネルのペンツールから選択することができます。

ペンツールにどんな種類があるか見てみましょう。

ペンツールの種類

ペンツールの種類

ペンツール (P)
ペンツールは、スイスアーミーナイフのように便利なツールです。以下のオプションがあり、キーボードからショートカットでアクセスできます。
アンカーポイントの追加ツール (Shift++)
パスのどこにでもアンカーポイントを追加します。
パスをホバーすることでも利用可能です。
アンカーポイントの削除ツール (-)
パスから既存のアンカーポイントを削除します。
アンカーポイントをホバーすることでも利用可能です。
アンカーポイントツール (Shift+C)
アンカーポイントにカーブを形成するためのベジェハンドルを作ります。
Illustratorでは、optionキーでも利用可能です。

ペンツールと一緒によく使われる2つのツールも紹介しておきます。

選択ツール (V)
すべてのアンカーポイントとベジェ曲線を含めたパス全体を選択します。
Photoshopでは、commondキーでも利用可能です。
ダイレクト選択ツール (A)
個々のアンカーポイント、あるいはベジェハンドルを選択します。

ペンツールの役割

ペンツールの用途は主に2つあります。形を描くことと切り抜くことです。描くことはIllustratorとPhotoshopの両方で使うでしょう。切り抜くことはPhotoshopで画像を切り抜く時に使います。

ペンツールで作成することができる形のタイプには終わりはありません。2つのポイント間をラインで結び、ベジェ曲線を使ってカーブを加えることができます。この直線と曲線の組み合わせは、どんな形でも作成することができます。

Photoshopで画像を切り抜く方法は自動選択ツール、なげなわツール、消しゴムツール、レイヤーマスクなどいくつかあります。どれも素晴らしい方法ですが、更によいのはパスを使う方法です。

ベジェ曲線を思い通りに描くための2つのこつ

私はペンツールで作業をする時、2つの方法のどちらか1つを使います。どちらを使うかは、私が達成しようとしていることとどのアプリケーションを使用しているかによります。

IllustratorとPhotoshopには両方ともペンツールがありますが、正確には同じように機能しません。この2つのアプリケーションで作業をする時は、2つの少し異なるテクニックを使用します。

ペンツールのこつ: 1

1つ目は画像を切り抜くためのクリッピングパスを作る時、特にPhotoshopでよく機能します。

Photoshopで画像を切り取る時のテクニック
  1. カーブのラインを描く始点にアンカーポイントを加えます。ドラッグしてベジェハンドルは出さない普通のポイントです。
  2. カーブの終点に2番目のポイントを加えます。ここでもベジェハンドルは出しません。この時点では、2つのポイントとその間に直線のラインがある状態です。
  3. ラインをホバーして真ん中の位置にポイントを加えます。Photoshopではこのポイントにベジェハンドルを自動的に与えます。Illustratorにはこの機能はないため、このテクニックを使うことを難しくします。
  4. ペンツールのままcommondキー(WinではCtrlキー)を押さえると、ダイレクト選択ツールに変わるので、作成したポイントをカーブの山の頂点に移動します。
  5. commondキー(WinではCtrlキー)を押しながら、オリジナルのイメージのカーブに一致するようにベジェハンドルを調整します。
  6. あとはこれの繰り返し。最後に、スタートポイントをペンツールでクリックし、パスを完了します。完了させる時はペンツールの脇に小さい丸が表示されることを確認してください。

ペンツールのこつ: 2

2つ目はIllustratorとPhotoshopでプロセスは少し異なりますが、形を描く時に使用します。

形を描く時のテクニック
  1. アンカーポイントをクリック&ドラッグで作り、ベジェハンドルをカーブの方向に引き出します。
  2. カーブのラインを作る2番目のアンカーポイントをクリック&ドラッグで作り、同じくベジェハンドルを調整し、マウスを離します。
  3. Illustratorではシングルクリック、Photoshopではoptionキーを押しながらクリックし、終点のベジェハンドルを取り去ります。もし作成するラインの続きが滑らかであるならこのステップは必要ありません、鋭角に続ける時のものです。
  4. あとはこれの繰り返し。最後に、スタートポイントをペンツールでクリックし、パスを完了します。完了させる時はペンツールの脇に小さい丸が表示されることを確認してください。

sponsors

top of page

©2018 coliss