Safari 3.01 リリース、3件の脆弱性を修正

2007年6月11日にリリースされたSafari 3 ベータ版のアップデートが行われました。
このアップデートは、3件の脆弱性を修正するものです。

Safari 3 ベータ版のキャプチャ

Safari 3 ベータ版のダウンロード

3件の修正内容は、下記の通り。

CVE-2007-3186
悪意のあるサイトを訪問時、任意のコードが実行される。
CVE-2007-3185
悪意のあるサイトを訪問時、ブラウザが予期せず終了したり、任意のコードが実行される。
CVE-2007-2391
特定のJavaScriptオブジェクトを処理時、クロスサイトスクリプティングが発生する。

top of page

©2017 coliss