Webページで使用されているスクリプト・プラグイン・テクノロジーが何なのかがすぐに分かるChromeの機能拡張 -WhatRuns

使用サーバー、フレームワークやライブラリが分かる機能拡張は他にもあります。
今回紹介するのは更に詳しく、使用しているjQueryのプラグインやWordPressのテーマ・プラグインやフォントなどの情報もすぐに分かる優れものです。

かっこいいインタラクションを備えたページなど、どんなスクリプトを使用しているのか調べたい時にも役立ちます。

サイトのキャプチャ

WhatRuns

WhatRunsのインストール

WhatRunsはChromeの機能拡張として利用できます。
インストールは、下記ページから。

サイトのキャプチャ

WhatRuns -Chromeウェブストア

「Chromeに追加」ボタンをクリックします。

WhatRunsの使い方

Bootstrapのサイトがちょうどいろいろなテクノロジーを使用しているので、ここで試してみます。

サイトのキャプチャ

Bootstrap

WhatRunsの前に、同系統の機能拡張で「Wappalyzer」があります。Wappalyzerを使用すると、下記の情報が表示されます。

Wappalyzerのキャプチャ

Wappalyzer -Chromeウェブストア

スクリプトだと表示されるのは、jQueryまでなんですよね。Wappalyzerを使用していたのですが、このタイミングでWhatRunsに変更しました。

今度は、WhatRunsで見てみます。

WhatRunsのキャプチャ

WhatRuns

かなり詳しく情報が表示されます。
また、WordPressだと使用テーマやプラグインも表示されるので、かなり便利です。

WhatRunsではもう一つ機能があります。
「+」ボタンをクリックすると、そのサイトの情報がストックされ、まとめて管理することもできます。

WhatRunsのキャプチャ

サイトの情報をストック

top of page

©2017 coliss