最新版!WordPressのブログやサイトの運営に役立つプラグインのまとめ

WordPressのデザイン、記事の投稿、コンテンツ配信、検索エンジン最適化、メンテナンス、バックアップ、セキュリティ、パフォーマンス、アンケート、ショッピング機能など、ブログやサイトの運営に役立つWordPressのプラグインを紹介します。

サイトのキャプチャ

WordPress Plugins We Use

プラグインは、海外のWeb制作系ブログ「CSS-Tricks」で実際に利用されている厳選プラグインで、それをなぜどのように使用しているのか非常に参考になりました。
CAPTCHAはコメントではなく、管理画面のログインに使用しているとか、なるほどと思いました。

下記は各ポイントを意訳したものです。
※当ブログでの翻訳記事は、元サイト様に許可を得て翻訳しています。

コンテンツ配信

ブログで大切なのは、更新したコンテンツをビジターに知らせることです。RSSと電子メールでコンテンツを届けるのを最適化するプラグインを2つ使用しています。

  • FD Feedburner Plugin
    WordPressのネイティブのRSSフィードをFeedburnerに統合させる設定はあまり難しくありません。しかし、テンプレートを変えたり、リダイレクトの設定など面倒なこともあるので、このプラグインを使用しています。
    ただし現状、FeedBurnerは死んでいるようなものなので、新規に使用する必要はなく、それほど重要ではありません。しかし、既にFeedBurnerに定期購読者がいる場合、彼らを移動させることは非常に難しいので、対応しています。
  • Clean Notifications
    「Clean Notifications」はここ数年アップデートされていませんが、以前から使っていたプラグインで、現在でも使用しています。WordPressのコメントやPingなどのデフォルトの通知の不必要な箇所を削除し、読みやすいようにしてメールで通知します。

検索エンジン最適化

Googleは、トラフィックのプライマリリソースです。わたし達が記事から得ることができるGoogleのトラフィックは、多くのビジターを確保します。スタッフの誰もがSEOの専門家ではありません。そのため2つのプラグインを使用して、検索エンジン最適化の手伝いを担っています。

  • Yoast SEO
    「Yoast SEO」は多くのサイトやブログで利用されている検索エンジン最適化のプラグインです。適切なページのMETAタイトル、カノニカル(canonical)リンク、検索エンジンの結果ページでの表示のされ方など、SEOの最もよい実践方法を処理します。
  • Better WordPress Google XML Sitemaps
    検索エンジンのクローラーがWebページを探すのに役立つため、検索エンジンはXMLサイトマップに注目します。サイトやブログでXMLサイトマップをもつことは、検索エンジンに最新の更新情報を伝える仕事をしなくてもよい素晴らしい方法です。
    「Yoast SEO」にもサイトマップの作成機能はありますが、フォーラムが生成するURLの大規模な量にサイトが重くなってしまいました。現在は、このプラグインを使用しています。

メンテナンスとセキュリティ

この項目は、重要です。
CSS-Tricksのデータベースがどれくらいの大きさか初めて見た時、私はたじろぎました。わたし達のブログを守ってくれるメンテナンスとセキュリティに役立っているプラグインが2つあります。

  • SiteLock
    「SiteLock」はブログにアクセスするIPアドレスをモニターするために使うWAF(Web アプリケーション ファイアーウォール)サービスです。言い換えると、ビジターの本物のIPアドレスを常に監視し、SiteLockのサーバーを通じて全てのIPアドレスを引き渡します。これはIPアドレスが巧妙なリダイレクトによって、不明瞭なページに移動するハックを未遂に防ぐ有用なプラグインです。
  • VaultPress
    「VaultPress」はテンプレートやデータなど全てのバックアップをサポートします。しかも、冗長性に役立つために別のサーバーでリアルタイムに行います。プラグインを制作・運営しているAutomattic社はWordPressの後援で、高いレベルの信頼を持っています。

パフォーマンス

わたし達はコードがクリーンで、余分なものがないことを好みます。それが最も効率的なHTML, CSS, JavaScriptであって、パフォーマンスの改善に繋がります。ここで紹介するのは、それを手伝うプラグインです。

  • Advanced Caching
    久しくアップデートされていないプラグインですが、パフォーマンスに関してとてもよい仕事をします。前述のAutomattic社のErick Hitter氏も実際に推薦するプラグインで、記事のクエリをキャッシュします。
  • MinQueue
    「MinQueue」はサイトのスクリプトとスタイルを圧縮し、結合して、提供します。これはプラグインが必要とするすべてのアセットのために特に有用です。
  • W3 Total Cache
    キャッシュは、特にリピーターにページをより早く提供するために有用で、わたし達はCDNと一緒に利用しています。

デザインと記事の編集

わたし達はできる限り、スタッフがコードを直接取り扱うことを好みます。その一方、プラグインでWordPressの機能を拡張したり、記事を書く際により容易になるものを使用しています。

  • AddQuickTag
    「AddQuickTag」は、WordPressで記事を書く時にカスタマイズしたタグを簡単に利用できるシンプルなプラグインです。多くの記事でこのプラグインを利用して、コードのスニペットを使用しています。キーボードで打つより早く、適切なマークアップができます。
  • Advanced Custom Fields
    「Advanced Custom Fields」は記事と固定ページに追加のカスタムフィールドを加える最も簡単な方法です。日付・時間・URL・セッション・トピックスなど、すべてのカスタムデータはこのプラグインを使用しています。
  • Advanced Excerpt
    「Advanced Excerpt」は記事の抜粋をカスタマイズするプラグインです。このシンプルなプラグインを使い、抜粋の長さや続きのリンクの文字などを変更しています。
  • Better Art Direction
    これはわたし達のメンバーが作成した「Art Direction」のForkです。基本的なコンセプトは同じで、記事と固定ページ毎に異なるCSSやJavaScriptを利用できます。
  • Code Markup
    code要素でマークアップされた箇所を自動で探し、適切にアウトプットします。例えば、<は&lt;に置換されます。
  • Public Post Preview
    「Public Post Preview」は記事が下書きの状態でもリンクを発行し、ログインしないでも読むことができるようになるプラグインです。ゲスト記事のプレビュー時に非常に役立ちます。
  • WP-Polls
    わたし達は毎月、アンケートを実施しています。記事のサイドバーにあるのがそれです。このアンケートは「WP-Polls」で作成しています。

パーミッションとモデレーション

わたし達のブログにおいて、記事のコメントやフォーラムで多くのやり取りがあります。安全なコミュニティの場を提供することは面白いですが、反面難しい仕事でもあります。これらのプラグインはそれらの負担を軽減します。

  • Admin Can Always Comment
    コメントをクローズにしている記事でも、管理者だけはコメントを加えることを可能にします。
  • Akismet
    WordPressのデフォルトのプラグインで、数多くのスパムコメントを阻止します。
  • Antispam Pro
    コメントのスパムを防止するために、CAPTCHAみたいなのを必要とするかもしれません。確かにスパムは防止されますが、ビジターがコメントを残すことも難しくしてしまいます。このプラグインはビジターに余計な負担をかけないように同じ効果を提供します。
  • Avatar Manager
    アバターのGravatarは、素晴らしいです。Gravatarに登録した人たちの具現イメージを表示するという考えが好きです。このプラグインはそれを可能にします。
  • bbPress
    「bbPress」はフォーラムに利用しています。返答、報告、電子メール通知など、フォーラムの活動を補助します。
  • Feature Comments
    「Feature Comments」はコミュニティ関連で、わたし達が長年使用しているプラグインの一つです。これは良いコメントをフィーチャーし、価値の低いコメントを隠すことができます。コメント全体をいい感じに保持することに役立ちます。
  • oEmbed in Comments
    メディアリンクを認識し、YouTubeのようなメディアの埋め込みを関連付けさせます。これは特にCodePenの埋め込みに有用です(参考: oEmbed)。
  • QA Captcha
    わたし達はCAPTCHAをサイトにログインするために使用しています。
  • User Switching
    「User Switching」はスタッフに登録されたアカウントで、他の誰かがログインすることを許します。これはブログに新しい機能を加えた時のテストなどで使用しています。
  • Username Changer
    WordPressでは登録されたユーザーの「名前」を変更することはできますが、「ユーザー名」を変更することはできません。このプラグインはそれを可能にします。

販売

CSS-TricksはEコマースサイトからはほど遠いですが、Tシャツなどのちょっとしたグッズを販売しています。そのために利用している2つのプラグインがあります。

  • Restrict Content Pro
    まずはメンバー向けサイト「The Lodge」で利用しているプラグインから。これはメンバーだけがアクセスできる特定のページを運用するのに適しています。
  • WooCommerce
    「WooCommerce」はWordPressで販売サイトをつくる時に、説明いらずで簡単に利用できるプラグインです。今年、Automattic社がこのプラグインの権利を獲得(参考: Woo & Automattic)したことからもその有用性が分かります。

使ってそうで使ってないプラグイン

WordPressにはデフォルトでいくつかのプラグインが含まれており、また有名なプラグインもあります。わたし達も同様に、それらのプラグインを持っています。

  • JetPack
    このプラグインは、WordPress.comからWordPress.orgまでの中で機能をもたらす一連のプラグインより劣るプラグインです。わたし達が使うモジュールはフォーラム関連かバックアップ関連のもので、それを越える2つの他の機能拡張を持っています。主に、Markdownの標準化されたサポートのためにそれを使ったり、悪意あるログインをブロックするために使ったり、記事とコメントのスレッドの購読する機能を提供します。
  • WordPress Importer
    WordPressの記事をXMLでインポートします。
    →この機能はすべてのWordPressに備えられています。
  • Hello Dolly
    WordPressのデフォルトでインストールされている楽しいプラグインです。
    →けっこう前に削除しました。

top of page

©2017 coliss