WordPressをちょちょいと使いやすくする15のスニペット

WordPressの各エントリーに編集ボタンを付けたり、シングルクォートの自動置換を無効化するなど、使いやすくするための15のスニペットをForTheLoseから紹介します。

15 Useful WordPress Tricks to Make Your Theme Even Better

古いエントリーのコメント入力をクローズ

古いエントリーにはスパムコメントがつくので、コメント入力をクローズにします。

function.phpに下記を記述します(例:1ヵ月以上前)。

コピーライトの年号を自動更新

「©2007-2009 coliss」のような年号表記を手作業で更新するのではなく、最新の年号をサーバーから取得します。

コメントで使用できるタグ一覧の表示

コメントで使用できるHTMLのタグ一覧を表示します。

それぞれのエントリーに「編集」リンクを表示

エントリーをすぐに修正できるように、各エントリーに「編集」リンクを設置します。

本文のシングルクォートの自動置換を無効化

本文内のシングルクォートや連続ハイフンの自動置換を無効にします。

function.phpに下記を記述します。

コメントのシングルクォートの自動置換を無効化

コメント内のシングルクォートや連続ハイフンの自動置換を無効にします。

function.phpに下記を記述します。

特定のページを検索エンジンから制御

カテゴリページなど特定のページを検索エンジンのロボットから制御します。

header.phpに下記を記述します。

エントリーの合計数を表示

今までのエントリーの合計数を表示します。

エントリーに「Tweet This」リンクを表示

各エントリーに「Tweet This」リンクを設置します。

single.phpのループ内に下記を記述します。

スケジュールエントリーの表示

予定しているスケジュールエントリーを表示します。

特定のカテゴリを非表示

特定のカテゴリを非表示にします。

ループ内にカテゴリナンバーを指定して記述します(例は3)。

各エントリーにユニークなIDを付加

それぞれのエントリーにユニークなIDを付加します。

各コメントにユニークなIDを付加

それぞれのコメントにユニークなIDを付加します。

コメントとトラックバックを分離

コメントとトラックバック(Trackback/Pingback)を分離します。

ページネーションを設置

使用しているテーマファイルに、「次へ」「前へ」のようなページネーションを設置します。

  1. プラグイン「WP-PageNavi」をダウンロードします。
  2. ダウンロードしたファイルから、「wp-pagenavi.php」と「pagenavi-css.css」をテーマディレクトリに格納します。
  3. テーマファイルのコードを修正します。

変更前

変更後

  1. 「wp-pagenavi.php」を修正します。

変更前

ver.2.40の場合、L.61

変更後

  1. 最後の修正です。
    「header.php」のhead内に、下記を記述します。

top of page

©2017 coliss