古い記事をツイートして再利用できるWordPressのプラグイン -Tweet Old Post

WordPressの古い記事をランダムに抽出し、指定した間隔でTwitterに投稿できるWordPressのプラグインを紹介します。

プラグインのキャプチャ

Tweet Old Post

Tweet Old Postのインストール

WordPressの管理画面からインストールする方法を紹介します。

  1. 管理画面の「プラグイン」から、「新規追加」画面を開きます。
  2. 「検索」のキーワードに「Tweet Old Post」を入力し、「プラグインの検索」ボタンをクリックします。
  3. 「Tweet Old Post」の「いますぐインストール」をクリックすると、「接続情報」画面に移動します。
  4. 「接続情報」画面で、「開始」ボタンをクリックすると、インストールがはじまります。
WordPressのキャプチャ

「プラグインのインストール」画面

WordPressのキャプチャ

「接続情報」画面
※FTPの接続情報が未の場合は、ホスト名、ユーザー名、パスワードを入力してください。

インストールが完了し「有効化」をクリックすると、管理画面の左のナビゲーションに「Tweet Old Post」が加わります。

Tweet Old Postの設定

「Tweet Old Post」を利用するには、いくつかの設定が必要です。

プラグインのキャプチャ

Tweet Old Postの設定画面

Account Login
Twitterのアカウントと連携します。
入力が完了すると、Twitterのアイコンとユーザー名が表示されます。
Tweet Prefix
ツイート時のプレフィックス
Add post data to tweet
記事を一緒に表示するかどうか
Fetch URL from custom field
カスタムフィールドからのURLを使用するかどうか
Use URL shortner
短縮URLサービスを利用するかどうか
URL Shortener Service
使用する短縮URLサービスの選択
bit.ly Username, bit.ly API Key
「bit.ly」を選択した場合の入力欄
Default #hashtags for your tweets
ハッシュタグ
Minimum interval between tweets
ツイートの最小間隔
Random Interval
ランダムの間隔
Minimum age of post to be eligible for tweet
記事をいつまでさかのぼるか(最小値)
Minimum age of post to be eligible for tweet
記事をいつまでさかのぼるか(最大値)
Categories to Omit from tweets
ツイートから除外するカテゴリ

使用にあたって

こまごま設定して、さぁ動かすぞ、と思ったら、curlのエラーがでてしまいました。当サイトのサーバーはcURLに対応していないため、このプラグインは使えないようです。
残念。

top of page

©2017 coliss