知っていると便利なWordPressのTips

Stylized Webのエントリーから、知っていると便利なWordPressのTipsを紹介します。

Useful WordPress Tricks

参考情報として、WordPress Codex 日本語版の関連項目へのリンクを追加しています。

カテゴリ名の表示

カテゴリ名を表示します。
参考:テンプレートタグ/get the category

ページのテンプレート

ページのテンプレートの基本書式です。
アーカイブページについては、WordPress Archive Pageにあります。
参考:Pages

特定記事の表示方法

query_posts() を使用する場合

特定のカテゴリ(ID=3)「cat=3」の記事を1つ「showposts=1」表示します。
参考:テンプレートタグ/query posts

new WP_Query()を使用する場合

特定のID「page_id=2」の記事を1つ「showposts=1」表示します。
参考:The LoopFunction Reference/WP Query

PHPで記述する場合

ループを使用して、記事を表示します。

ファイルのインクルード

特定のファイル(get_header, get_footerなど)以外のファイルをインクルードする場合に使用します。
参考:インクルードタグ

条件タグ

指定したページのみに表示させる条件を設定します。
参考:Conditional Tags

is_home(), is_category(), is_archive(), is_search(), is_single(), is_date(), is_404() など多数の条件タグが用意されています。

エントリーを古い順に表示

「index.php」内の「<?php if(have_posts()) : ?><?php while(have_posts()) : the_post(); ?>」の前に次のコードを加えてください。
参考:テンプレートタグ/query posts

wp_specialchars()

タイトルタグやsearchのテンプレートなどに「<?php echo $s; ?>が使用されていたら、下記のものに変更してください。
「wp_specialchars()」は、PHPのhtmlspecialcharsと同様に特殊文字を HTMLエンティティに変換します。
参考:関数リファレンス

コメントを古い順に表示

「array_reverse」を使用して、コメントを古い順に表示します。

top of page

©2017 coliss