クリエイティブな仕事をしている人に時々思い出してほしい10のアドバイス

ウェブ関係などのクリエイティブな仕事をしている人に、時々思い出してほしい10のアドバイスを紹介します。

サイトのキャプチャ

Top Ten Rules For Creative People

下記は各ポイントを意訳したものです。

はじめに

私たちは時々、何のために働いているか分からなくなるほどのつらい仕事に巻き込まれます。そういった時は原点に戻ってください、そしてあなたのクリエイティブな仕事に対するあなたの情熱を取り戻してください。
もうその仕事が好きではないなら何をするかを見つけてください。まだその仕事が好きなら、そうであるように振る舞ってください。
あなたの幸せを決定するのはあなた自身です、あなただけがあなたの幸せを達成するために必要な行動を起こすことができます。

ここで紹介する10のアドバイスは特別なものではありません、クリエイティブな人々のために時々思い出してほしい重要なきっかけです。

失敗しない人はいない

あなたが失敗をした時、それを本当に失敗にするかはあなた次第です。失敗は単に何かが起きただけに過ぎません。もし一度も失敗をしたことがない人がいるなら、それは何もしたことがない人でしょう。
失敗から何を学び、次につながる何を得るかが重要です。失敗から学び、よりクリエイティブになるのに役立てください。

指示されたものより上へ

生産的でクリエイティブな人の特徴の一つは、彼らの結果が期待の上を行くということです。指示された最小限の仕事をこなすだけなく、どのようにクリエイティブであるべきか考え、創造的なプロセスを楽しめば、自然と結果はついてきます。

新しいものにチャレンジ

これは単に仕事だけのことではありません。仕事ではクリエイティブな人はうまくいく方法を見いだして、次にそれを改善します。もし、これまでにないアイデアを必要とする場合はどうでしょう?
あなたが一度も試みたことがないことをしてみてください。これはプライベートの時間で有効です。新しい文化、新しい食べ物、新しい行動、いろいろ考えて新しい方法を試みてください。普段見ないジャンルの美術館に行ってみたり、食べたことのないレストランに行ってみたり、あなたのインスピレーションは刺激されるでしょう。

情報をシェアする

長期記憶で常に新しい情報を保つ最も良い方法は、他の人に教えることです。あなたのインスピレーションとアイデアを留めず、共有してください。あなたが多くの情報を手放すことで、その分より多くの情報を得ることができます。

仕事を楽しむ

あなたは現在の仕事が好きですか?嫌いですか? 仕事をどのように見るかはあなた自身に選択権があります。ちょっと大げさですが、もし仕事がバケーションのように楽しいものであれば、きっと疲れ知らずでしょう。
あなたが何をするにしても、楽しんでやることは非常に大切です。好きでないなら、しないでください。もしあなたの仕事が嫌いというのであれば、それだけでクリエイティブではないでしょう。

時には休憩を

仕事をどれだけ楽しむかに関わらず、時には休憩が必要です。たとえば、週末は何もしない時間をつくってみてください。勤務日でも昼休みの少しの時間でも、外にでて息抜きをしてみてください。あなたの脳は機械ではありません。休憩はあなたの脳を再充電し、クリエイティブさを保つために必要なことです。もし数分間の休憩が退屈であれば、joie de vivre(生きている喜び)を味わってください。

周りの影響を受けずに仕事を楽しむ

他の人が怠けているのをみて、その誘惑にかられて自分も同じように怠けてしまうことはありませんか? これはあなたの士気と生産性に良くないだけでなく、あなたのクリエイティブにもよくない影響を与えます。あなた自身の時間を大切に最大限使ってください、そして仕事を楽しんでください。あなたの頑張りと頻繁な努力は正当に評価されます。

クリエイティブは日常にも

仕事に限らず、日常も含めたあなたの生活の全てにクリエイティブをもたらすことは素晴らしいことです。創造的にきれいにしたり、創造的にプレゼントをあげたり、創造的にパートナーを愛したり、日常でもクリエイティブであることを楽しみましょう。
仕事だけに固執しないでください。クリエイティブであるために、あなた自身を表現する新しい方法を見つけ出してください。

自分をインスパイアする

気力に欠けるように感じますか? それは会社、それともクライアントが原因ですか? それは間違いです、あなたは自身のインスピレーションに責任を持っています。インスピレーションを保つよう心がけます。ちょっとした休憩や小旅行、休日に詩を書いてみるのもいいでしょう、自身をインスパイアするのに何を必要か考えてみてください。おそらくお金やご褒美、時間などの動機付けが必要でしょう。ゴールに達成するための誘因を与えるのは一つの手です。これだけは忘れないでください、インスパイアできるか決めることができるのはあなた自身です。

自分を偽らない

これは私たちが長い時間をかけて忘れるためのシンプルなアイデアです。クリエイティブであることが好きであったから、私たちはクリエイティブな世界を選びました。ビジネスマンでもパイロットでもありません。もし偽りであるなら、あなた自身に変化を与える別の仕事を見つける必要があります。選択はあなた次第です。あなたが何をするにしても、あなたがしていることを好きであってください、そしてそれを人生に活かしてください。

top of page

©2017 coliss