クライアントに伝わりやすいように工夫されたワイヤーフレーム用のUI素材 -CRowe

クライアントにワイヤーフレームを見せる時に僕が一番気にかけていたことは、まずこれは最終的なデザインではないこと、そして内容がうまく伝わることです。

まぁ、デザインじゃないのはそのままなのですぐに理解してもらえますが、内容やアイデアをしっかり伝えきるのは難しいですよね。

サイトのキャプチャ

Wireframe & UI Kit

自分だけやウェブ制作者間でのやり取りであれば、ワイヤーフレームはシンプルなボックスベースのものでも問題ないかもしれませんが、クライアントにはある程度ビジュアルを備えたものでアプローチするというのがこの素材のコンセプトです。
正確に理解してもらえることで、結果的にプロジェクトの進行にも役立つでしょう。

サイトのキャプチャ

素材のコンセプト

ワイヤーフレームの素材はさまざまなUIエレメントが揃っており、フォーマットは.epsでダウンロードできます。
利用にあたっては個人でも商用でも無料とのことです、詳しくはダウンロードファイルの「README-xxx.txt」をご覧ください。

素材は下記のものが揃っています。

素材のキャプチャ

ナビゲーション関連

素材のキャプチャ

ページのエレメント関連

素材のキャプチャ

フォーム関連

素材のキャプチャ

インターフェイス関連

top of page

©2017 coliss