Sassの初心者からもっと使いこなしたい人まで、Sassを確実にマスターできるオススメの本 -Sassの教科書

Sassって何?という人、導入が面倒で躓いた人、基本機能をはじめ実用的な機能も学びたい、実装の現場でどのように効果的に取り入れるのか、すぐに使えるテクニックなど、Sassをマスターするために必要な知識が全て網羅されたと言っても過言ではないオススメの本を紹介します。

Sassをマスターすることで自身のスキルアップ、現在の職場での評価アップにつながり、また転職する際にも大きな武器になるでしょう。

本のキャプチャ

本書は9/13に発売したばかり。
表紙のカラーが非常に目立つので、店頭でも分かりやすいですね。

本のキャプチャ

Web制作者のためのSassの教科書
[Amazonでみる]
[楽天でみる]

著:
平澤 隆、森田 壮
出版社:
インプレスジャパン
発売日:
2013/9/13

著者の平澤さんとは飲みに行ったことがありますが、決してひいき目ではなく、なかなかの良本を書き上げたな、と思いました。
お疲れさま!

献本はたいてい、いただいてから2,3日で読んでしまうのですが、この本はその濃い内容のため1週間ほどかかってしまいました。

ウェブ系の本はターゲットがなかなか難しいところで、この本はSass一つに絞っているため、Sassって何? 初めてだけど使いこなせるの?という人から、バリバリ使ってる人が更に効率的にするにはどうすればいいのかまで、初心者から上級者まで満足のいく本だと思います。

紙面のキャプチャで、中身を少しだけご紹介。

本のキャプチャ

目次です。
「Sassのキホン」では基礎知識だけでなく、Sassってエディタでいいの?クライアントや他のメンバーはSass使えないけど平気なの?といった素朴な疑問にもしっかりページが割かれています。

本のキャプチャ

ページはフルカラーで、イラストは最初だけ。
初心者向けのページは易しく、上級者向けのページはより専門的に。

本のキャプチャ

Sassの特徴も簡単明瞭、すっと頭に入っていきます。

本のキャプチャ

さぁ、Sassを使ってみよう!

本のキャプチャ

Sassの導入はWin/Mac両方ともしっかりした解説があります。
もちろん、RubyのインストールやSassのアップデートも詳しく解説。またトラブル時の対処方法もあるので安心。

本のキャプチャ

Sassの導入が完了したら、まずはマスターしておきたい基本機能の紹介。
基本機能のあとには、更に便利な高度な機能の解説もあります。

本のキャプチャ

機能だけでは役に立ちません。現場でどのように使うかが重要です。
制作時にどのように使うかさまざまな事例・サンプルの解説があります。現在Sassを使ってる人は、ここから読めばいいかもしれません。

本のキャプチャ

コラムも充実。実装の現場でありがちなネタがたくさん掲載されています。

本のキャプチャ

チームなどで複数のメンバーと作業するときの効率化。

本のキャプチャ

ページのレイアウトやエレメントなどを実装するテクニックも満載です。

本のキャプチャ

Sassが使えるアプリをはじめ、フレームワークやツールなども詳しい解説とともに紹介。

本のキャプチャ

エディタの紹介、もちろんWin/Mac両対応です。

本のキャプチャ

最後の章のリファレンスもしっかりページが割かれています。

Sassの教科書の目次

  1. 第1章 Sassのキホン
    まずはSassって何なのかを知ろう
    Sassを導入する前の疑問や不安
    何はともあれSassを触ってみよう
  2. 第2章 Sassの利用環境
    Windows環境にSassをインストールする
    Mac環境にSassをインストールする
    Sassを最新版にアップデートしよう
    Sassのコマンドの使い方を覚えよう
    バッチファイル・シェルスクリプトで簡単にコマンドを実行する
    GUI(Koala)でSassを使用する
    インストールや実行中にエラーが表示された場合の対処法
  3. 第3章 これだけはマスターしたいSassの基本機能
    ルールのネスト(Nested Rules)
    親セレクタの参照&(アンパサンド)
    プロパティのネスト(Nested Properties)
    Sassで使えるコメント
    変数(Variables)
    演算
    Sassの@import
  4. 第4章 高度な機能を覚えてSassを使いこなそう
    スタイルの継承ができる@extend
    柔軟なスタイルの定義が可能なミックスイン(@mixin)
    制御構文で条件分岐や繰り返し処理を行う
    関数を使ってさまざまな処理を実行する
    自作関数を定義する@function
    テストやデバッグで使える@debugと@warm
    Sassのデータタイプについて
    使いどころに合わせて補完(インターポレーション)してくれる#{}
    変数にデフォルト値を割り当てる !default
  5. 第5章 現場で使える実践Sassコーディング
    管理/運用・設計で使えるコーディングのTips
    ブラウザ対応で使えるコーディングTips
    レイアウト・パーツで使えるコーディングTips
    スマホ・マルチデバイスで使えるコーディングTips
  6. 第6章
    Sassをさらに便利にするCompass
    Compassを利用する準備
    Compassのインポートとモジュール
    Compassのミックインを使う
    Compassの設定変数を定義する
    Compassの関数(Helpers)
    Compassで簡単CSSスプライト(Compass Sprites)
    高度なCSSスプライトの使用方法(Sprites Helpers)
  7. 第7章 もっとSassを使いこなして便利にしよう
    Sassのフレームワーク紹介
    Sassが使えるテキストエディタ
    DreamweaverのSassの対応
    SassのGUIコンパイラ
    SassのCUIツール
  8. 第8章 Sassの全機能リファレンス
    Sassの基本と高度な機能
    Sassの関数一覧
    Sassの拡張

付録として、コマンドオプションの一覧と用語集もあるのは便利ですね。

フロントエンドの開発に携わる制作者は、常に参照できるよう手元に置いておきたい一冊です。

本のキャプチャ

Web制作者のためのSassの教科書
[Amazonでみる]
[楽天でみる]

著:
平澤 隆、森田 壮
出版社:
インプレスジャパン
発売日:
2013/9/13

献本の御礼

最後に、献本いただいたインプレスジャパンの担当者さまに御礼申し上げます。

当サイトでは随時、献本を受け付けています。
お問い合わせは下記よりお願いいたします。

top of page

©2017 coliss