パーマリンクの変更後、旧アドレスでもアクセスできるWordPressのプラグイン

WordPressのパーマリンクの設定を運営の途中で変更した時などに便利な、旧アドレスのアクセスを新アドレスにリダイレクトするプラグイン「Permalink Redirect」を紹介します。

Permalink Redirectのイメージ

Permalink Redirect

Permalink Redirectの導入方法

  1. 下記ページから、「Permalink Redirect」をダウンロードします。
    download
  2. ダウンロードした「ylsy_permalink_redirect.php」をプラグインフォルダにアップロードします。
    例:/wp-content/plugins/
  3. 管理画面の [プラグイン] 画面で、「Permalink Redirect」の「アクション」の「有効化(Activate)」をクリックします。
    プラグインの有効化に成功すると、[設定] 画面のタブに「Permalink Redirect」が追加されます。
  4. 以上で、導入は完了です。次に設定します。

Permalink Redirectの設定方法

  1. 「Current permalink structure」に現在のパーマリンク設定が反映されているか確認します。
  2. 「Old Permalink Structures」に、以前のパーマリンク設定を記述し、「Update Options」をクリックし設定を反映させます。
  3. 以上で、旧アドレスのアクセスを新アドレスにリダイレクトする設定が完了です。

パーマリンクでのリダイレクト以外にも、個別にリダイレクトを設定することもできます。

「Path pairs to redirect from and to」の欄に、下記の書式で記述します。
書式:[旧アドレス][半角スペース][新アドレス]

Permalink Redirectの日本語版

管理画面を和訳したものです。

プラグインの導入は、和訳ファイルをフォルダにまとめたため、「permalink-redirect」フォルダごとプラグインフォルダにアップロードしてください。

top of page

©2017 coliss