2013年上半期、チェックしておきたいCSSのフレームワークのまとめ

最近リリースされたものを中心に、これは!というCSSのフレームワークを紹介します。

フラットなスタイルはもちろんですが、オブジェクト指向CSS(OOCSS)ベースで設計されたものが目立ちますね。
一番最後のフォームに特化した「MOSTO」オススメです!

サイトのキャプチャ

Cascade Framework
Cascade Framework -GitHub

オブジェクト指向CSS(OOCSS)ベースで設計され、IE6もサポートしているフレームワーク。
ライセンス:MIT license

サイトのキャプチャ

Kraken
Kraken -GitHub

CSSのパフォーマンスとメンテナンス性をアップさせるOOCSSをベースにした、モバイルファーストの拡張性も備えた超軽量フレームワーク。
ライセンス:MIT license

サイトのキャプチャ

Gridism
Gridism -GitHub

レスポンシブ対応のグリッドを構築するシンプルなフレームワーク。
ライセンス:MIT license

サイトのキャプチャ

Cardinalcss
Cardinalcss -GitHub

Cardinalcssの大きな特徴の一つがその命名規則。制作がはかどるように分かりやすいシンプルな命名規則を採用しています。レスポンシブ対応の各種UIエレメントも揃っています。
ライセンス:MIT license

サイトのキャプチャ

Pure
Pure -GitHub

Yahooが提供するフラットスタイルのフレームワーク。名の通りピュアCSSなので、Bootstrapと違ってjQueryなどは使用していません。
ライセンス:BSD license

サイトのキャプチャ

Topcoat
Topcoat -GitHub

クリーンなHTMLを使い、レスポンシブを念頭においたUIエレメントを簡単に実装できるAdobe提供のフレームワーク。
ライセンス:Apache v2 License

サイトのキャプチャ

fitgrd
fitgrd -GitHub

Bootstrapで作られたように見えることを望まないウェブ制作者用のレスポンシブ対応のウェブサイトを作成するベースとなるグリッドを提供します。
ラインセンス:MIT License

サイトのキャプチャ

Markup Framework

HTML5+CSS3準拠でミニマルなマークアップでさまざまなUIエレメントを実装するフレームワーク。
ライセンス:Omnilicense

サイトのキャプチャ

Responsable
Responsable -GitHub

CSS Resetは使わず、クリーンなマークアップで構築されたフレームワーク。
ライセンス:CC Share Alike license

サイトのキャプチャ

Ivory
Ivory -GitHub

320pxのスマフォから1200pxのデスクトップまでシンプルでフレキシブルなレスポンシブ対応サイトを簡単に構築できるフレームワーク。
ライセンス:GPLv2

サイトのキャプチャ

Workless
Workless -GitHub

よくサイトで利用されるUIエレメントが揃ったウェブサイト制作の時間を節約するためのフレームワーク。

サイトのキャプチャ

MOSTO
MOSTO -GitHub

フォームに特化したフレームワーク。フォームのデザインの参考にも。
ライセンス:Apache v2 License

top of page

©2017 coliss