Apollo アルファ版公開 -Windows環境でSafariチェックも可能に

Apollo

2007年3月19日、Adobeより「Apollo」アルファ版のダウンロードが開始しました。

Adobe Labs - Apollo

Apolloとは、Windows、Macintosh、Linux上で動作するフラッシュのようなダウンロード型プレーヤーで、ブラウザがなくてもウェブアプリケーションを楽しむことができるものです。

Apolloのダウンロード方法

  1. 下記ページにアクセスします。
    Adobe Labs - Downloads: Apollo Runtime
  2. ラインセンス条件を読み承諾できたら、中程にある「I have read」のチェックボックスをチェックします。
  3. 「Apollo Runtime」のMacintosh版かWindows版をクリックして、ダウンロードします。
    Windows版の場合は「apollo_win_alpha1_031907.msi」がダウンロードされます。

Apolloのインストール方法

ApolloのWindows版の説明です。

  1. ダウンロードした「apollo_win_alpha1_031907.msi」をダブルクリックします。
  2. 以上で、Apolloのランタイムのインストール完了です。

Apolloを使用して、Windows環境でSafariチェックをする方法

  1. Apolloランタイムの他にアプリケーションが必要になるので、ダウンロードページにアクセスします。
    Apollo:Applications:Samples - Adobe Labs
  2. 「Scout」をダウンロードします。
  3. ダウンロードした「Scout.air」をダブルクリックし、インストールします。
  4. インストールが完了したら、「Scout」を起動します。
  5. アドレスバーにアドレスを入れ、「Load」ボタンをクリックすると、Safariのと同じレンダリングエンジン(WebKit)を使用して、ページが表示がされます。
Apolloを使用して、Windows環境でSafariチェックしているキャプチャ

Apolloでチェックした場合のユーザーエージェント

navigator.userAgent
Mozilla/5.0 (Windows; U; en) AppleWebKit/420+ (KHTML, like Gecko) Safari/419.3 Apollo/1.0.Alpha1

top of page

©2017 coliss