二乗(2乗)の入力方法

平方メートルなどに使用する「二乗(2乗)」や「三乗(3乗)」の入力方法の紹介です。

二乗(2乗)の表記

二乗(2乗)の表記
100m²

二乗(2乗)の入力方法

二乗(2乗)をHTMLで記述する場合は、下記のように記述します。
「²」の箇所が、ブラウザに表示される際に「²」となります。

二乗(2乗)の入力方法
100m²

三乗(3乗)の入力方法

三乗(3乗)をHTMLで記述する場合は、下記のように記述します。

三乗(3乗)の表記
100m³
三乗(3乗)の入力方法
100m³

他の平方根は、一乗は「¹」で表記できますが、四乗以降は表記できません。

補足説明

この二乗と三乗の表記に使用しているのは、「HTMLの実体参照」を利用しています。
「実体参照」とは、HTML文書などで直接記述できない文字や記号を表記する際に使用される方法です。
英数字をはじめ、文字・記号がこれにより表記できます。

二乗と三乗の場合は、実体参照での表記の他に、<sup>を使用して表記することもありますが、ブラウザ間での見栄えが異なりすぎるため、実体参照での表記をお勧めします。

ブラウザ間での見栄えが異なる表記例

参考:二乗(2乗)の表記
100m2
参考:二乗(2乗)の入力方法
100m<sup>2<sup>

top of page

Trackback

Comments

miyake

on 2011年12月19日

いつも本当に感謝です。
二乗の作り方を探しあぐねていました。 うまくいきました。ありがとうございます。

top of page

©2014 coliss